サラリーマンも副業を始めよう!事前対策やおすすめランキング発表!

サラリーマンでも副業する時代と言われていますが、実際のところどのような副業が人気があるのか詳しく知らない方も多いと思います。

副業をするにあたって確定申告が必要となる場合もありますし、実際にどのような対策が必要なのかを事前に知ることで安心して副業に取り組むことができますよね。

そこで今回は、サラリーマンで副業を始めたい方必見!の確定申告や税金対策、おすすめの副業ランキングをご紹介しましょう!

サラリーマンの副業は20万円以下ルールがある?

サラリーマンが副業をするにあたって確定申告が必要となることは覚えていてほしいのですが、例外として副業所得が年間20万以下であれば確定申告をしなくても良いとされています。

ただし、年末調整をしたサラリーマンのみが適用されるため、会社で年末調整を行っていない方に関しては20万円以下であっても確定申告の必要があります。

年収が2000万円以上あるサラリーマンは会社での年末調整がされないので、副業をしている場合は個人での申告が義務となっています。

また、20万円の内訳として勘違いされやすいのが、副業の収入ではなく利益となる所得が20万超えていることがポイントとなりますので、必要経費などを引いているかをしっかり確認することが大切です。

サラリーマンの副業のばれない方法とは?

会社によってはサラリーマンの副業を禁止していることもあり、副業をしたくてもできないといったケースは珍しくありません。

副業が会社にばれてしまう原因として、住民税が関係していることが特に多いのですが、会社に所属している以上、サラリーマンの税金を管轄しているのは会社の経理部なので、ばれない方が珍しいのかもしれません。

どうしても会社にばれたくない場合には、副業所得に関する住民税を個人で収めることで会社から天引きされることなく副業にかかる税金を納めることができます。

副業所得を確定申告する際に、住民税の徴収方法を問われる項目があるのですが、「自分で納付」にチェックを入れることによって会社にばれるリスクを軽減することができます。

ただ、市町村によっては会社に通知がいってしまう可能性もありますので、心配であれば自分が所属している市町村の住民税を管轄している場所に一度相談に行くほうが良いでしょう。

サラリーマンの副業の確定申告の書き方とは?

確定申告は自営業やフリーランスの方には馴染みのあることかもしれませんが、サラリーマンによっては名前だけ聞いたことがあるかも?と思えるような行事なので、実際にどのような書類が必要なのかわからない方も多いと思います。

確定申告のする際には、実際に申請する詳細を記入する「確定申告書A」と会社から発行される「源泉徴収票」が必要となります。

「確定申告書A」には「第一表」と「第二表」の2つに区分されており、「第一表」には住所や氏名などの個人情報や給与を記入する欄がありますので、金額を間違えないように丁寧に書き進めましょう。

「第二表」には、所得や雑所得、社会保険控除額を記入する欄の他に、配偶者控除のチェックをする欄がありますので、配偶者がいる場合には確認をし忘れないようにしましょう。

さらに、住民税に関する項目を選ぶ欄がありますので、副業が会社にばれたくない場合は、「自分で納付」にチェックを入れるようにしてください。

サラリーマンの副業の確定申告で経費を落とすには?

副業をするサラリーマンによって経費は業務をするにあたって重要になりますが、確定申告のする際には「確定申告書A」の「第二表」の雑所得の欄に記入することで申請することができます。

雑所得の欄には、業務の種類の他に所得に関係した場所や必要経費を記入する欄がありますので、源泉徴収される前の金額を間違えないように記入するようにしましょう。

確定申告の書類は、比較的わかりやすいように項目が分けられていますので、初めての方でも安心して記入できるようにはなっていますが、どれも大事な項目なので詳細などをメモして持っておくとスムーズに書き進めることができます。

サラリーマンの副業ランキングのオススメ紹介!

本業と両立できるような副業を探しているサラリーマンを多いと思いますので、ここでは特におすすめしたい副業についてランキング形式で発表したいと思います。

具体的にどのような副業があるかわからない方や、今の副業に満足していない方にも注目していただきたい項目がたくさんありますので、是非ともチェックしてみてください!

1位 アフェリエィト

自分のブログやインスタグラムなどで商品を紹介する広告塔となるアフェリエイトは、近年のSNSの需要の高まりに伴い、数多くの方が利用している副業としても注目されています。

実際に広告で紹介する商品を試せるというメリットがありながらも、その広告を見て購入すると紹介料を貰うことができるので、ブログの閲覧者が多い方などは広告を張るだけで高額な報酬を得ることも可能となります。

また、インスタグラムが流行っているということもあり、自分が思った以上の注目を浴びることもありますので、自分の言葉でどのように商品をアピールするかが問われることから、コミュニケーション能力を高めることもできます。

アフェリエイトの続けやすい点として、一度記事を書いてしまったらそのまま放置していてもお金が稼げてしまうということです。

書く内容などを工夫する必要がありますが、軌道に乗ってくればファンなどがつくこともあり、安定した閲覧数をキープすることも容易になります。

さらに、実際に使った方から喜びの声などをコメントやダイレクトメールで貰うこともありますので、商品を紹介して良かったという満足感も得られますし、楽しみながらお金を稼げる副業としてもおすすめです。

2位 クラウドソーシング

自宅でできる副業として注目度を集めているクラウドソーシングは、インターネット上で仕事の受注や応募がすることのできるサービスで、面接会場に出かけることなく自宅で取引先とのやり取りができる新しい働き方を提供しています。

主にメールでのやり取りが基本となりますが、採用されるまでの時間が短時間なことからすぐにでも仕事に取り掛かることもできますし、プロフィールを充実させていればそれを閲覧した仕事依頼者からスカウトされることもあります。

クラウドソーシングで扱っている業務内容については、文章や記事作成、デザインやロゴ作成など、様々な分野の仕事を選ぶことができますので、自分の興味やスキルにあったものを選べるのもおすすめとなっています。

また、本業で使うスキルをより向上させるために利用している方もいるので、自分の得意分野の質を高める上でも継続しやすい副業といえるでしょう。

3位 不用品販売

近年、フリマアプリ市場が活気づいていることも後押ししてか、不用品の販売を副業としているサラリーマンも増えているようです。

フリマといえば、土日の人がたくさん集まる場所で不用品を一面に広げて呼び込みをするというイメージが強いですが、今やパソコンやスマホで簡単に出品したり購入できる便利な事態となっています。

その便利さは幅広い世代の関心を惹いていることから、副業として稼ぐことのできる場所としても人気となっているのです。

自分で以前使っていたものを売るということなので、改めて買う必要もないので準備資金などを必要ないですし、コレクションをしている方であれば高値で取引されることもありますので、フリマアプリを使ったことがない方は、是非とも検索してその利便性を実感してほしいですね。

4位 ポイントサイト

本業が忙しくて副業に割いている時間がなかなか取れないという方におすすめなのが、アンケート回答や簡単なゲームをすることでポイントを稼ぐ副業です。

貯まったポイントは現金化するだけでなく、電子マネーやネットショッピングにも使うことができますし、ちょっとしたお小遣い稼ぎにも一役買ってくれる内容となっています。

どちらかというとコツコツ作業ができる方向けとはなりますが、通勤時間や仕事から帰ってきてからのリラックスタイムにも片手間ですることのできるのでいつの間にかポイントが貯まっているという楽しみも味わうことができます。

アンケートの内容も様々あり、実際に新商品を体験して使い心地などをモニターしてポイントを稼ぐこともできるので、仕事をしている感覚を味わないような楽しみながらお金を稼ぎたい方におすすめです。

5位 治験

短期間で高収入が得られるということで密かに人気となっている治験は、新薬開発に向けてのボランティアのような感覚で受けることのできる副業で、事前に健康診断を無料でできることもあるので、健康志向の方に特におすすめとなっています。

基本的には世に出ていない薬を自分の体に試すということになるので、副作用のリスクからは逃れられないのですが、人体に試しても大丈夫だと判断された段階の新薬を試すことがほとんどなので、安全性に関しては心配しなくても良いと思われます。

治験の期間も様々ですので、入院することもあれば通院だけというものもありますので、本業のスケジュールにも比較的に合わせやすくなっています。

報酬に関しては、一回の治験で3万円ほど貰えることもありますし、治験を行っている間は最低限のことをしていれば自由時間も多いようなので、自分の体を使うというリスクをしっかりと踏まえた上でそれでも興味のある方は一度お試しください。

サラリーマンの副業の税金対策とは?

基本的にサラリーマンの税金管理に関しては、会社が一任していることもあり個人として対策することはできないのでは?と考えられがちですが、副業をしているサラリーマンができる税金対策としては、業務にかかる費用をいかに経費を落とせるかが重要になってきます。

例えば、自宅を拠点として副業をしている場合は、仕事で使うエリアを明確にすることによって1部屋に対して約3割を経費で落とせることができます。

また、副業での取引先との連絡で使った電話による通信費や取引場所に出向く際の車のガソリン代も経費対象となる可能性が高いです。

仕事をしていく上で必要だと認識される必要がありますが、事業としてしっかりと成り立っていれば経費として認められる項目もありますので、発行されたレシートなどは随時保管しておくことをおすすめします。

さらに、副業をしていく中で、様々な分野の方との出会いがあると思うのですが、本業とは別に新たなビジネス相手を見つけることが大切であり、自分の知らない情報を知っている方の影響力は計り知れないものがあります。

情報の真偽については自分自身で見極める必要がありますが、税金対策について独学だと限界となってしまった場合には、実際に活躍している方の体験などを参考にするのも節税対策に大いに関係してくるといえるでしょう。

サラリーマンの副業で個人事業主で節税に!

副業の規模が大きくなってくると、サラリーマンをしながら個人事業主になることを考える方もいるようですが、副業を継続性や安定性が確保できるようになって事業として取り組むことができれば節税に役立てることができるのです。

副業が事業として成り立つことができれば、業務にかかった費用は経費として落とすことができますし、青色申告を行うことができるので最大でも65万円を控除が受けられる可能性が高いです。

個人事業主になる場合には開業届が必要となりますので、事業を始めて1か月以内に事業を行う住所が管轄している税務署で申請を行ってください。

開業届と一緒に青色申告申請書を出すことによってスムーズに手続きできますが、一度提出した書類は戻ってこないので、受理されたことを証明したい場合には書類のコピーを持っていくと、受付印を押してくれますので覚えておきましょう。

サラリーマンの副業の確定申告やランキングまとめ

いかがでしたか?

サラリーマンの副業をするにあたって、確定申告や税金対策を知ることによって本業に支障を与えることなく業務を遂行することができるので、副業を始める際にはしっかりとチェックしておくことが大切です。

副業の種類に関しても、従来のイメージに比べて様々な分野が取り揃っていて、自分のペースやの能力に合わせて続けていけますので、サラリーマン生活をより充実したものにしていきましょう!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です