会社を辞めたい理由とは?辞められない場合は?対処方法を徹底調査!

仕事で辛いことや苦しいことがあったりすると、思わず「会社を辞めたい」と考えてしまう方も少なくないと思いますが、世の中の人がどのような理由で辞めたくなるのか気になりませんか?

自分だけが苦しいんじゃないと思っていても、一日の大半は仕事をしているわけですから、できれば辞めたいという感情を持たないような仕事をしていきたいですよね。

そこで今回は、会社を辞めたいと感じる理由や会社を辞めようとする際に陥りやすい状況や対処法などについて調査していきましょう!

会社を辞めたい理由は十人十色!

暮らしを豊かにすることはもちろん、自分の能力を試したかったり、新しい出会いを求めて仕事に励む方も多いと思いますが、仕事を円滑にするためにも所属している会社はとても重要になります。

仕事へのモチベーションアップにも繋がりますし、仕事がしやすい環境が整っていれば会社に行きたいと思う気持ちも高ぶると思いますが、逆に過ごしにくい環境であれば悪影響を起こしてしまうこともあるのです。

では、実際にどのような理由で会社を辞めたいと思ってしまうのか見ていくことにしましょう!

会社を辞めたい理由:金銭面

仕事をするにあたって、会社員として働くのは安定した給与や福利厚生が整っていることもあり、数多くの方が会社に所属したいと考えているかもしれませんが、実際に働いてみると給与に見合ってないほどのノルマが課せられたり、利用できるはずの福利厚生が使えないという理由で会社を辞めたいと考えてしまうようです。

サービス残業という言葉が当たり前のように聞かれる現代ですし、会社員である以上どこまでも尽くさなければならないという社風を掲げている会社もありますし、雇われているという立場から言い分が通らないこともあるそうです。

特に、飲食店などのサービス業に勤めている方は、世間が休み時が稼ぎ時といわれていますので、忙しければ忙しいほど会社が潤うということでもありますし、少ない賃金で抱えきれない労働内容をこなしている方も少なくないのです。

また、華やかな世界の象徴でもあるアパレル関係に勤めている方は、自社ブランドを自分で買わないといけなかったり、店頭に立つだけで金銭面に大きな打撃を与えてしまうことにもなりますのえ、一生懸命稼いだ分が一瞬で消えてしまうこともあるようです。

お金の為に働いているわけではない!という気持ちを持っていることもありましたが、やはり仕事をしている以上、経済的に余裕を持って生活したい気持ちは誰にでもあることです。

金銭面で余裕がなくなってしまうと、仕事へのモチベーションも低下してしまいますし、もっと安定した給与が貰える会社があるのでは?と転職サイトをクリックしてしまう方も少なくないようですね。

会社を辞めたい理由:仕事内容

お金を稼ぐという目的を持って仕事をしている方もいる一方で、仕事内容に不満を抱えて会社を辞めたいと考える方も少なくないようです。

自分の意志で会社に入ることを決めたはずなのに、実際に働いてみると理想と現実とのギャップに悩んでしまったり、こんなことを毎日続けていいのか?と自問自答しながら仕事をしている方もいるようですね。

近年では、好きを仕事に変えるような職業も増えていることから、自分に興味のあることでお金を稼ぐことができる時代にもなっていますし、テレビやネットなどのメディアなどが取り上げているのを見ると自分の仕事はなんてちっぽけなんだろうと考えがちになってしまいます。

会社に所属していても自分の好きな仕事ができないのであれば、いっそのこと会社を辞めてフリーランスで自由に働いてみたいと考える方もいるようですが、現実は理想よりも厳しいのも実感しているため、頭の中だけの行動として本心を押し殺して仕事をするという方も少なくないようです。

会社を辞めたい理由:労働時間

一般的な会社員の労働時間としては朝に出勤して夕方頃に家路に着くという流れにはなっていますが、終電間際のホームでは数多くのサラリーマンが眠そうに電車を待っている姿を見かけることがあります。

もちろん、飲み会の帰りという方もいるかもしれませんが、今日が明日に切り替わるギリギリまで一生懸命働く方がいることも事実なのです。

会社によっては残業をしないように働き方改革を行っているケースもありますが、実際のところはあまり優遇されていない会社員も珍しくないのです。

忙しいというのはある意味幸せなことではありますが、仕事だけの人生になってしまってはもったいないですし、仕事人間になってしまってプライベートを疎かにしてしまう生活に飽き飽きしている方も多いようです。

また、経費削減による人員不足によって、自分がいなければ会社が回らないということもあるようなので。本来であれば休みの時間でさえも会社で黙々と働いている方には本当に頭が下がりますよね。

会社を辞めたい理由:社内での評価

好きな分野の仕事に就いている方でも陥りやすい理由として多いのが、自分の所属している会社での評価が十分でない場合で、仕事にやりがいがあっても、なかなか認めてもらえないという辛さや歯がゆさから会社を辞めたくなってしまうようです。

出る杭は打たれるという言葉もありますし、能力があるからといって会社で認められるかといったらそうではない現実もありますので、どんなに頑張っても自分の成果として評価されなかったり、上司に手柄を持っていかれるということもあるのです。

本来であれば自分がした仕事内容については自分が評価されるのが当たり前ではあるのですが、社内ではそうはいかないということもあるのです。

また、同期で成績が良い方いる場合なのは、毎日のように比べられたり競争意識を過剰に刺激されることも多く、メンタル面でも余裕がない状態で仕事をしなければならなかったするので、ストレスを感じながら会社に通う生活を送ってしまうことになります。

さらに、自分の頑張りを逆に否定されるようなこともあるため、仕事だけでなく存在価値までも認めれてもらえないこともあるようで、会社に自分がいる意味がないのでは?と考えてしまう方もいるようですね。

会社を辞めたいのは人間関係に原因が?

会社に所属している以上、人との関りは切り離せないものであり、仕事を潤滑に遂行する上でも人間関係が上手くいっていかいないかで成果が変わるほどの影響力があります。

上司と部下や同僚同士など会社における人間関係は様々ですが、どの場合においても問題となるケースが多いようです。

例えば、女性が多い会社であれば、表では仲良くしていても裏で悪口を言われていたり、あからさまな無視をされたりなど、悪質ともいえる対応をされることもあるのです。

上司の言い方が必要以上に攻撃的だったり、部下が指示したことを全くしないのに上司には気に入られていたりなど、理不尽ともいえる状況になるのは避けられないのかもしれません。

また、社会人にとって人間関係におけるストレスというのは年々深刻になっていることもあり、会社でも社員のメンタル面を調査することも増えていることから、精神的にも充実した状態で仕事をするような風潮が広がっているのも事実です。

とはいえ、人間関係というのは何か対策をしたところで劇的に変わるものではなく、人間関係の悩みを上司に相談してしまったことによって、余計に悪化してしまうケースもあるため、どんなに悩んでいても心に閉まっているという方も少なくないようです。

会社を辞めたいが理由無しの場合は?

会社を辞める理由は様々ですが、近年増えている理由として注目されているのが、「会社を辞めたいけど理由が無い」というケースです。

なんとなく会社を選んでなんとなく働いて、そのままなんとなく辞めたいと考えてしまう流れになるのですが、一見すると意思がないように思われるのですが、実際はメンタル面において何かしらの問題を抱えている可能性があるのです。

今まで仕事やプライベートに意欲的だった方が突如やる気をなくしたら周りもびっくりしてしまうと思いますが、その状況自体が鬱を引き起こす傾向になってしまうくらい深刻になってしまうこともあるので注意しておく必要があります。

むしろ、会社を辞めたい理由が明確にわかっている場合は問題解決への手段が見えやすいですが、何も無いというの実態がないわけですからどのように悩んでいいかもわからず、心の奥底に意識を向けやすくなってしまうのです。

人は考えすぎてしまうとマイナスの方向に行きやすい傾向がありますので、なんとなくの気持ちを疎かにすることなく、自分の中で仕事に対するモチベーションが悪い方向に変わってきたかも?と思った場合は一度相談してみることをおすすめします。

会社を辞めたいのに辞めれないのは何故?

会社を辞めるのは簡単ではない?

会社を辞めようと決意しても簡単に辞められないというケースも実は多いようなのですが、会社に属している場合に辞めるのが難しいのは何故なのでしょうか。

労働における憲法に関してで言えば、「職業選択の自由」や「奴隷的拘束及び苦役からの自由」の権利がありますので、会社員が希望すれば基本的には会社を辞めることができるようになっています。

ですが、会社との雇用契約内に退職時に対する規則が設けられていることもあり、会社を辞める2週間前に退職の意を示すことが原則になっていることも多いようです。

会社員によっては自分が担当している仕事があったり、責任者としてのポジションになっている方も多いので、すぐに辞めてしまっては困ると引き留められるケースも生じるのです。

会社を辞めたいと言えない場合は?

会社を辞める場合には、上司に面と向かって話すという流れになるとは思いますが、言葉で表すのが苦手だったり、退職の話を切り出せないという方も多いようです。

その状況を回避する方法としておすすめなのが、直接話すよりも書面で自分の退職の意を示し、氏名と具体的な日付を明記しておくことで意思をしっかり伝えるという方法があります。

書面という形ではありますが、言葉で説明するより会社側に明確に会社を辞める意思を示すことができますし、口頭で話すよりも話が進みやすくなる可能性があります。

基本的には2週間前の連絡が良いのですが、退職の時期に関しては会社の就業規則をチェックしておくことでスムーズに退職することができるので忘れないようにしましょう。

ただ、会社側が退職届を受理しなかったり、むしろ働かせようとして退職関連の書類を揃えてもらえないという場合もあるそうです。

どうしても辞めれない場合などは、労働局などが設置している総合労働相談コーナーに相談することで解決策を見出してくれるはずです。

会社を辞めたいと限界を感じたら?

仕事をするというのは生活する上でも必要ではあることですが、実際に働くことに限界を感じたら会社を辞めることを視野に入れるのも大切なことなのです。

例えば、仕事をしたくても体がついていかなかったり、通勤時間になって急に体調が悪くなってしまうなどの症状がある場合は、体が悲鳴を上げている可能性がありますので、決して無理をせずに専門機関に診てもらうことをおすすめします。

また、自分の意思を持てなくなったり、何かを考えることをやめようとしてしまったりすると、精神的に追い詰められている可能性がありますので、一人で解決しようとするのではなく相談できる相手に話を聞いてもらうことも大事です。

人に何かを話すというのは、自分の気持ちを言葉にするということなので、知らず知らずに今の情況を把握する方法としても活用できますので、会社に行くことに対して限界と感じた場合は、必要以上に思いつめないことが肝心です。

会社を辞めたい理由や対処法まとめ

いかがでしたか?

会社を辞めたいと感じる状況やタイミングは様々ありますが、自分の能力に対する評価やメンタル面がどのような状態を把握するかによって、その仕事を続けていくべきかや会社にいるべきかを再確認することができます。

自分の意思で辞めたいと思っていても辞めれない状況に陥ることもありますが、しっかりとした対処法を知ったり、周りの心許せる人や頼れる機関を頼ることによって状況を好転することもできるので、一人で悩みを抱え込まないことが大切です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です