サラリーマンの住宅手当の相場は?気になる住宅ローン事情をご紹介!

サラリーマンによってマイホームを持つというのは大きな決断でもありますし、将来の夢として掲げる方も多いと思いますが、住宅を購入するということは事前にたくさんの準備をしておく必要があります。

マイホームを持つことは自分の資産を持つということにもなりますので、どのような物件を選ぶかというのは慎重になりがちですし、できるだけ悔いのないような条件を確保にしたいものですよね。

そこで今回は、サラリーマンが住宅購入において覚えておきたい注意点や、住宅手当の相場や気になる住宅ローン事情についてご紹介していきましょう!

サラリーマンの住宅購入で気を付けることは?

サラリーマンとしてがむしゃらに働いて念願のマイホームを購入する方も多いと思いますが、初めて家を買うとなるとどのような点に気を付けなければならないのかわからないという方もいると思いますので、事前に知っておきたい住宅購入に関する注意点をご紹介します!

まず最初に覚えておきたいポイントとしては、即決せずに慎重に住宅を選ぶということです。

大前提ともなっている心構えかもしれませんが、実際に住宅を購入する際にはいつもしている買い物とは金額も重要性も桁違いとなっていることもあり、判断が鈍ってしまうこともあるのです。

住宅に関するパンフレットだけではわからないこともありますし、住宅そのものが良かったとしても近隣の施設が整っていなかったり交通の便が悪かったりすることもありますので、住宅だけでなく周りの環境についての情報も事前にチェックしておくようにしましょう。

また、デザインなどに惹かれて思わず即決してしまう方も少なくないようですし、もちろん見た目の優雅さというのは購入する際の動機になる要因ではあるのですが、長年そこに住み続けるということをしっかりと考えて選ぶことが大切ですので、住みやすさを重視した見方をすることを心がけたいですね。

次に覚えておきたい住宅購入に関する注意点としては、資産価値の落ちにくい物件を選ぶということです。

最初から売ることを目的としてマイホームを買う方も少ないかもしれませんが、ずっとその場所に居続けるという保証もありませんので、長い目で見た場合には売れる物件に住んでいるということがステータスともなりますので、立地の良さや住宅の管理状況などで売値が上がる可能性も十分にあり得るのです。

立地の良さというのは住宅を選びにあたって需要になる項目でもありますし、通勤のしやすさや買い物を行きやすさなどによって生活を豊かにしてくれる要因にもなっていますので、資産価値が上がりやすいといえますよね。

また、マンションを購入したいと考えるサラリーマンにとっては日頃の管理状況がその物件の価値を上げてくれるとされていますので、自宅ということで油断してしまうかもしれませんが、意識的に大切に扱うことで本来持っている価値が下がるのを防止することができます。

さらに、マンション内の設備などを事前にチェックすることで、エレベーターや非常階段の使いやすさを把握することができますし、管理がしっかりとしているマンションはより付加価値も高くなりやすいです。

サラリーマンの住宅手当の相場や現状について

サラリーマンが住宅を購入する際に手助けになるともされる住宅手当ですが、そもそも住宅手当がどのようなものかというのを詳しく知らない方もいると思いますので、ここではその相場や住宅手当の現状について紐解いてみることにしましょう。

サラリーマンが住宅手当を貰うには条件がある?

住宅手当というのは、会社が従業員が住むために必要な費用を補助してくれる制度であり、その支給額に関しては会社独自で定められているのですが、相場としては月に1~2万円を補助してくれます。

住宅に対する手当ということにはなっていますが、全額負担してくれるというわけではないので、住宅手当を微力な存在として認識していた方もいるかもしれませんが、若い世代のサラリーマンは実家を出て一人暮らしをすることも多いですし、比較的家賃が高い場所を選んでいる方にいますので、月に2万円貰えるというのは非常にありがたいのです。

また、会社によっては「家賃補助」という名目で補助しているケースもありますが、法律的にはどちらも同じ扱いになりますので、住宅手当という項目が給与明細にない場合は意味合いが近いネーミングで記載されているかもしれませんね。

ただ、会社に勤めているからといって全ての人が住宅手当を貰えるとは限らないのが現状で、自分が住宅手当を貰える対象となっているかをチェックしておくことも大切です。

一般的に支給される条件となっているのが、正社員であることや世帯主や契約主が自分の名義になっていること、さらに転勤によって住宅費用が必要になったり遠方から通勤している方など、その規則は様々ではありますが、思った以上に厳しくはないのが印象的です。

契約社員や派遣社員に関しては住宅手当が出にくいこともありますので、雇用形態によっては厳しい現状とはなっていますが、正社員の立場になると優遇される制度が適用される社会となっていることがわかりますね。

また、実家住まいをしているサラリーマンの場合は、家の名義が親になっていることもあり、その場合ですと住宅手当が貰うことができない可能性が高いですので、住宅手当を貰うために思い切って一人暮らしをする方も少なくないでしょう。

さらに、家賃を節約するためにシェアハウスを利用しているサラリーマンも増えていることから、住宅手当の対象者とならなくても住む方を工夫することで生活しやすい環境を整えている方もいるようです。

サラリーマンの住宅手当はなくなりつつある?

サラリーマンの特権でもある住宅手当ですが、実はその制度が消滅しつつあるともいわれており、実際のところあまり当てにはできなくなってしまう可能性もあるのです。

しかも、最初から住宅手当を設けていない会社も近年増えていることもあり、住宅に関しての費用は自己負担になっていることもありますが、会社によってはそれも含めた上で給与を出していることも多いようです。

住宅手当として給与を貰うよりは基本給の中に含まれていると考えることによって貰える額も多く認識されますし、金銭的な安定を住宅手当で補うというよりはボーナスなどに望みを託す方の方が増えているのかもしれませんね。

また、社宅を利用しているサラリーマンも多いこともあり、自分で住む場所を選ぶ手間も省けるだけでなく家賃が圧倒的に安いことがメリットでもありますので、住宅手当として補助を受けなくても余裕を持って支払える金額になっているのは嬉しいですよね。

さらに、住宅手当は税金の対象となっていることもありますので、住宅手当を貰うことによって納める税金が上がってしまうこともあり、住宅手当を貰うことを好まない方も増えていることから、会社自体が住宅手当を辞めてしまうということもあるそうです。

せっかく貰えるならという理由で住宅手当を貰うサラリーマンもいるかもしれませんし、住宅手当があるからこそ一人暮らしができるという場合もありますので、住宅手当が自分の生活にどのくらい重要であるかを確認してみるのも大切ですね。

サラリーマンが住宅ローンを組む際の注意点とは?

サラリーマンで住宅を購入するというのはとても大きな買い物ということになりますが、、住宅ローン利用して月々支払うという形式を取れば、今まとまったお金がなかったとしても少しずつ決められた金額を収めることもできます。

ただ、住宅ローンを組むことは長期間に渡って支払いの義務が生じてくることもあり、時には日々の家計の負担になってしまうことも考えられます。

一般的には、住宅ローンというのは年収の7倍までは融資が受けられるとされていますが、無理して限度額ギリギリまで借りてしまうと、仮に働けなくなってしまった場合などは大きな負担となってしまいますので、住宅ローンを組む際には少し余裕を持たせた金額を設定するこ都が大切です。

また、住宅ローンを組む際「頭金」を収めるのですが、住宅ローンの負担を軽減させるために蓄えているお金を全て頭金として収めてしまう方がいるようですが、それは後の生活にも大きく関わってくることになるので大変危険な行為でもあります。

確かに、住宅ローンの返済が楽になることには変わりないのですが、不慮の事故によって休職しなければならないケースに遭遇するかもしれませんし、将来に向けての貯蓄金として残しておくべきでもあるのです。

すぐにでも返済したいという気持ちは誰にでもあることですし、また稼げば問題ないと思っているサラリーマンもいるとは思いますが、金銭的に余裕のある生活というのは精神的にも良い影響をもたらしてくれますので、決して無理はしないようにすることが大切です。

サラリーマンの住宅ローンの平均額は?

初めてマイホームを購入する際に住宅ローンの説明を受けると思いますが、世間的に住宅ローンの平均というのがどのくらいなのか気になるサラリーマンも多いのではないでしょうか。

一般的な住宅ローンの平均額としては、月5~10万円が目安となっているのですが、これは家計に負担とならない金額としてサラリーマンに選ばれているようです。

住宅ローンというのは30年以上に渡って長期的に収めることもありますので、月々の支払いが生活を圧迫してしまっては大変ですし、払えるギリギリの金額を収めるというよりは余裕を持って支払える金額が好まれるみたいですね。

ただ、実際には5万円以下にしたいと考えるサラリーマンも多いのが現状でありますので、住宅ローンの返済が家計に与える打撃というのは実際に体験してみないとわからないものかもしれません。

また、金銭的に余裕のあるサラリーマンの場合は、あえて高い金額を月々支払うことによって早めに完済したいと考えている方も多いようですので、ボーナスを住宅ローン返済に利用するケースも珍しくないようですね。

サラリーマンは住宅ローン控除を活用しよう!

念願となるマイホームを住宅ローンを利用して購入した場合、確定申告をすることによって「住宅ローン控除」を受けることができるのをご存知でしたか。

自営業やフリーランス向けの制度でもある確定申告ですので、サラリーマンにとっては聞き馴染みのないことかもしれませんが、住宅ローンによって納め過ぎてしまった所得税を返してもらえる「還付申告」というものがあり、住宅ローン控除の申告対象となっているのです。

そもそも確定申告というのは税金に関する手続きとなりますので、会社勤めのサラリーマンにとってはどのような手続きをしていいか困惑してしまう方も多いようです。

住宅ローン控除をするためには、住宅を購入した年の翌年1月から3月15日までに申告することで義務付けられていますので、必ず期間内にお近くの税務署で手続きするようにしましょう。

必要となる書類についてですが、国税庁のホームページからダウンロードできる「確定申告書A」と会社から発行される「源泉徴収票」、住宅ローンを契約した金融機関から発行される住宅ローンに関する「年末残高証明書」が必要になります。

さらに、購入した住宅の住所となる地区を管轄している法務局から発行される建物や土地に関する「特記事項証明書」や実際に住んでいることを証明する「住民票」も必要となり、夫婦で受託ローン控除を受ける場合には夫婦両方の住民票が必要となります。

また、サラリーマンの場合は2年目から会社で毎年行われる「年末調整」で住宅ローン控除の手続きすることができますので、税務署から送付される「住宅借入等特別控除申請書」と金融機関から発行される住宅ローンの「年末残高証明書」を提出するようにしましょう。

サラリーマンの住宅手当や住宅ローンまとめ

いかがでしたか?

サラリーマンにとってマイホームを購入するというのは人生においても大きな買い物となりますので、住宅選びはもちろんですが、立地条件などをしっかりと理解した上で慎重に話を進める必要があります。

住宅ローンを利用することによって普段では買えないような規模の物件を購入することができますが、返済に関してはなるべく余裕を持った金額設定をすることが大切ですし、住宅手当や住宅ローン控除などの制度をありますので上手に活用してみましょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です