会社員の平均年収はいくら?30代、40代、50代の中央値を公開!

会社員にとって「給与」というのは日々の仕事の頑張りが形となったものであり、仕事へのモチベーションアップにも繋がるものではありますが、自分以外の会社員がどのくらい貰っているか気になったことはありませんか?

同じ年代の方が貰っている年収の中央値を知ることで自分がどの位置にいるのかわかりますし、年代別に見直すことによって将来に向けての参考にしやすいので、詳しくチェックしておきたいですよね。

そこで今回は、会社員の平均年収を30代、40代、50代に焦点を当てながら年代別に比較し、それぞれの中央値を調査していきましょう!

会社員の平均年収~30代の場合~

まずは30代の会社員の平均年収についてですが、中央値は475万円となっていて、男性では551万円、女性では299万円が平均となっています。

会社員で30代という年代は働き始めてから10年ほど経っているということもあり、20代で培ってきた経験を力に変えていくことのできる時期でもあり、若々しさが継続していることもあり、行動力に関しても優れているといえるので、仕事のモチベーションが上がりやすいのが特徴です。

結婚して家庭を持っている方もいる年代でもありますし、自分のためではなく家族のためにがむしゃらに働こうとする姿勢が見られるのは好印象ですし、独身だとしても自由の聞く時間が増えることから仕事に対する意識も向上しやすい年代でもあります。

女性の場合は、結婚による出産や子育てに奮闘する方も多いようなので、20代とはまた違った仕事に対する考え方になる傾向にあるので、社会に出たことによって自分がどのように成長したかを再確認できる時期でもあります。

会社によっては責任のある役職を任されているケースも珍しくないので、社会全体で見ればまだまだ若い世代ですので、自分の業績次第では給与アップに繋がる可能性も高いですし、より一層の頑張りを元にして社会貢献に勤しみたいですよね。

また、30代会社員の場合は、仕事を通して繋がった人たちとの関わりを密にしていくことで今後の仕事に繋げやすい年代でもありますので、交際費にかかる費用が高くなることもありますが、将来への投資だと思えば安いものですし、更なる活躍をするために数多くの出会いを経験することも大切であります。

会社員の平均年収~40代の場合~

次に、40代の会社員の平均年収についてですが、中央値は528万円となっていて、男性では670万円、女性では280万円が平均となっています。

40代になると、一般的には責任のある役職を任されている方も多く、部下を管理する能力が問われることになりますので、30代よりも責任感を伴い場面に出くわすことが増えるのが特徴であります。

部下が増えるということはその分任される業務も多忙になってくることから、給与面においてもその頑張りを反映するような金額になっていることが多いです。

部長や課長として部下を管理しつつも率先して仕事をすることによって、会社から高い評価を得られることができれば、将来的には役員になる可能性もありますので、場合によっては中央値以上の平均年収を得られるのも夢ではないかもしれません。

ただ、40代の会社員のほとんどが役職を得ているというわけではないのが現状で、40代になって課長や部長になれなかった場合には、リストラ対象となってしまう可能性が高くなってしまいます。

実は、40代までに部長や課長になれないと、昇給の見込みがなくなってしまうという厳しい現実も待ち構えていますので、会社での成績に不安を抱えている場合は、他の会社での活躍を目指すべく転職を考える方が多くなるようです。

もちろん、ベテランの力が必要な場面も多々ありますが、会社としては若い力や勢いのある世代を育てたいと考えやすい傾向にあるので、なるべく40代までには役職に就けるような業績を残すことで、平均年収に近い金額を得ることができると思いますし、40代になって今一度自分が会社にとって何ができるかを確認する年代でもあるのです。

会社員の平均年収~50代の場合~

そして、50代の会社員の平均年収については、中央値は557万円となっていて、男性では720万円、女性では278万円が平均となっています。

会社員で50代という年代は、長年勤めていることで経験値も豊富であり、会社を支える役員の立ち場になっていることも多く、個人の能力を会社のために直結して働く存在を担っていることから、30代や40代よりもはるかに責任のある業務に就くことが増えていきます。

ただ、会社の経営が悪化した場合には、責任のある地位に就いていたとしてもリストラ対象となってしまう可能性が高くなってしまうことは否めません。

また、能力によっては役職に就いていない方も珍しくない世代ですので、20代や30代の若い世代の力に負けないようにする必要がありますが、年齢的にも体力的にも厳しい現状であることは変わらないのです。

さらに、50代というと定年退職も迫ってくる年代ですので、残りの会社員としての生活を見直そうとする方も増えてきますので、早期退職して新たな人生を歩もうとする方も珍しくありません。

近年では、65歳まで働く方も増えていますので、今まで築き上げてきた土台をしっかり守りながら定年までしっかりと会社に捧げる覚悟のある方も多いですので、高齢層とはなっていますが、若いパワーに負けない方々の活躍も会社を盛り立てる要因となっているのです。

なお、30~50代の会社員の平均年収を調べるのに、国税庁が出している「民間給与実態調査」のデータが参考文献として見やすくなっていますので、他の年代を知りたい方は是非ともチェックしてみてください!

会社員の平均年収は大卒と高卒で違いはあるの?

30~50代の会社員の中には大学を出ている方もいれば、高校を卒業してそのまま就職している方など、学生時代の環境は様々ではありますが、学歴によって平均年収に違いがあるのかは気になるところですよね。

厚生労働省が出している「賃金構造基本統計調査」によると、大卒の平均年収は676万円になっているのに対し、高卒になると492万円となっており、学歴が違うだけで184万円も差ができてしまうことがわかっています。

社会に出てしまえば、学校で学んだことよりも業務をこなしたりコミュニケーション能力が大切になってくることはわかってはいるのですが、給与を軸に評価する際にはやはり学歴が深く関わっているといえそうですね。

また、企業によっては大学での勉強を必須とすることも珍しくないですし、将来役職を得るためにも大学生活を送っている方が優位となることもありますので、平均年収額を中央値以上稼ぎたい場合には、大学進学を選ぶことが必要なのかもしれませんね。

ただ、一般的には大学を出ている方が給与も高く貰えるとされている昨今ですが、企業によっては資格や経験値を優先的に評価する場合も多くなっていますので、大学を出ていないからといってお金を稼げないということではないのです。

自主的に専門学校に通って一生働けるくらいの資格を取得する方も多いですし、自分がどのような分野で働きたいかをしっかり把握することで、自分の持っている能力を最大限に生かすような働き方をすることができるのです。

会社員で平均年収の高い人の特徴は?

平均年収というのはあくまで中央値になっていますので、実際に働いている方の中には中央値からほど遠い方もいるのが現状ではありますが、中央値の金額を引き上げる要因となっている年収が高い会社員がどのような仕事をしているのか気になりますよね。

30代の会社員の場合は、大手企業や上場企業に勤めている方になると平均年収が800万円近くなることもあり、若くして多額の給与を得ることもできるのです。

その中には自分で会社を立ち上げて起業の道に進む方もいるようで、若い力をフル活用しながらお金を稼いでいる方が年々増えているとされています。

最近では、ネットビジネスなどの需要も高まっていることから、自宅にいながらにして利益の見込める仕事をしている方も多いので、会社に属しているだけでなく自らが経営者となっている若者の活躍も注目されています。

40代の会社員の場合は、キャリアも積み重ねていることもあり上場企業に勤めている会社員であれば中央値以上の金額を稼ぐことができるとされていますが、働き方を変えて新たな場所で活躍したいと思う時期でもありますので、転職することで年収を上げる努力をする方も多いようです。

ただ、30代で転職するよりは厳しい現状となっていますので、軽い気持ちで会社を辞めようとすると現実に打ちのめされてしまうことになりますし、今よりも低い年収となってしまう可能性もありますので、十分に注意が必要となります。

50代の会社員の場合は、自分で会社を経営している方はもちろん、役員待遇となっている方はそれ相当の金額を得ているとされているのですが、大手企業や上場企業に勤めていたとしても責任のある役職に就いていなければ中央値以上の年収は期待できないようですね。

年齢的にも転職活動がしにくくなっている年代でもありますし、今の現状を維持したり悪くならないように徹底しながら仕事に励む方も少なくないようです。

それぞれの年齢によって平均年収以上を稼げるかが異なってきますが、仕事をするということには変わりないので、その実績が数字となって得ることができるかは人それぞれですし、仕事をしている環境や能力次第で中央値以上の給与を貰える可能性も高くなることを覚えておきましょう。

会社員の平均年収を上げる方法とは?

会社員として働いていく中で、今以上の給与を稼ごうとする場合、副業を始める方も珍しくないのが現状であります。

副業といっても一般的に想像されるような在宅ワークだけに限らず、パソコンやスマホを使って手軽にできるものも増えていますので、本業に負担にならないようにWワークすることによって、平均年収を上げようとする方も増えているのです。

ネットビジネスなどを上手に活用して自分で商品を宣伝して広告収入を得たり、自らが発信した情報によって企業の目に留まり仕事を得るということもできますので、仕事の更なる可能性を実感する意味でも副業というのは心強い存在となるのです。

30~50代の会社員の場合は、働き盛りでもあることから、会社だけでなく他の分野においても自分の能力を発揮したいと考えやすい傾向にありますし、副業が軌道に乗れば独立して自らが経営者となることもできるのです。

会社員として安定した生活を送るもの大切ではありますが、経営者となれば給与アップも期待できますし、自分の好きなように仕事ができる機会も増えてきますので、金額的も仕事面でも満足しやすい環境に身を置くことができるのです。

会社員の平均年収の年代別比較まとめ

いかがでしたか?

年代別に会社員の平均年収を知ることで、今現在置かれている状況を把握することができますし、30代であれば40代や50代でどのような働き方をすれば良いのかを再確認することができるので、定期的にデータを活用するのも仕事へのモチベーションアップになるかもしれません。

学歴や環境によって中央値に満たない年収だったとしても、会社員をしながらでも副業をすることでお金を稼ぐことはできますし、自らの能力を向上させることで平均年収を上げることに繋がりますので、今一度働くということを見つめ直してみましょう!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です