会社を辞めたい50代の現実を知ろう!早期退職者が増える理由とは?

会社を辞める年齢層はどちらかというと若いイメージが先行していますが、50代の会社員も様々な理由から「今の仕事を辞めたい!」「新しい場所で働きたい!」と感じる方も少なくないようです。

長年働き続けた会社を離れるというのは、もちろんそれ相当の勇気もいりますが、経済的な面や次の就職先が見つかるかなど、立ちはだかる問題が多いことも事実なのです。

そこで今回は、50代で会社を辞めたいと感じる理由や早期退職に踏み切る要因などをご紹介していきましょう!

会社を辞めたい50代は仕事が辛いのが原因?

会社を辞めたい50代の厳しい現実とは?

会社を辞める理由というのは仕事内容や環境など、人それぞれであることは言うまでもありませんが、50代という年齢で仕事を辞めるのはどのような理由でそう感じてしまうのか気になりますよね。

本来であれば、50代まで同じ会社で働いているのであればそのまま定年まで勤めあげようと意気込んでいるイメージも強いと思いますが、実は50代だからこそ会社を辞めようと踏み切る方も多いようなのです。

実際に、ハローワークなどを訪れてみると、若い世代というよりはスーツを普段着のように着こなしている50代の男性を見ることも多いですし、ドラマ内の描写でも良く見られる光景として知られていますよね。

現状としては、50代から転職を始めるとなると思った以上に厳しい状況だということを覚えていてほしいのが本音であります。

確かに、長年会社に勤めていたという経験値や数々の仕事をこなしてきた業績などは誇れるものとして掲げることはできますが、新しく社員を雇う会社側からすると、50代という年齢がデメリットになってしまうこともあるのです。

所属していた前の会社では認められていたことでも、新しい会社に入った途端にそのキャリアはほぼ無効となってしまうことも多く、まだ何も知らない新入社員のように扱われることもあるのです。

新入社員は会社にとって未来の稼ぎ頭となるので大切に育てられるかもしれませんが、50代ともなると本来の新入社員よりも将来的な先が見えやすいということもあり、思っていた待遇を得られないこともあるようです。

また、実際に会社に入る前に面接試験を受けると思うのですが、ライバルとなる層が自分よりも若い世代になることが多く、20代の方と肩を並べることも少なくありません。

若さを武器にして自分をアピールする方も多いでしょうし、新しい知識を覚えやすいのでは?とベテラン世代を採用しないという会社もいるようですね。

さらに、年齢と共に衰えてくる体力についても50代は特に考えなくてはならない問題でもあります。

50代というのは、体力低下はもちろん、記憶力が乏しくなったり老眼の影響で自分の能力をフル活用できなくなってしまう年代でもあるのです。

「まだまだ若い世代には負けないぞ!」と思っていても、気持ちに体がついていかなければ業務遂行の妨げになってしまうのです。

しかし、50代の中でも日頃から体を鍛えたり、若い世代と様々な付き合いをすることで見た目年齢が低い方も少なくありません。

時間というのは止められないですし、社会的にも厳しい状況なのは間違いないですが、過ぎ去った時間を悲観的に思うのではなく、今できることをしっかりと見つめることによって気づかなかった発見なども再確認することができるのです。

会社を辞めたい50代の理由を分析!

会社を辞めるという気持ちになるには、そこに繋がる理由があるものですし、その理由を紐解いていくことにより自分の置かれている状況を把握することができます。

そこで、50代で会社を辞める理由について、どのような原因があるのか詳しく見ていくことにしましょう!

会社の方針に不満がある

50代の会社員というと、定年も近いということもあって会社を辞めるというよりは、「あと何年働けば定年退職だ!」と意気込む方が多いように思われます。

ですが、50代で会社を辞めようと決意する方に関しては、一刻も早くこの会社から離れて別の境遇に身を置きたいと考える傾向にあります。

長年勤めてきたこそ我慢の我慢の限界だと感じることがあったり、時代の流れや上層部の雰囲気が変わることによって会社の方針が変わり、自分が雇用されていた状況とは変わってしまうこともあるようです。

確かに、50代で辞めても新しい会社が見つかる保証はないのですが、不満を持ってまで会社に居続けたくないという意思があれば、転職活動の原動力にもなりますし、仕事への意欲をさらに高めるきっかけともなり得ることでしょう。

仕事自体が辛くなった

50代にもなると体力的に仕事がしにくくなってしまう方も多いようで、20代や30代のようにバリバリ働くことができなくなってしまい、仕事自体に嫌気がさしてしまう方も珍しくないようです。

仕事が辛いと感じる方は意外と多いようで、今までのように仕事ができないことによってプライドを傷つけられたり、年々入社してくる若い世代の圧力に押しつぶされてしまうといったことも原因となってしまうのです。

もちろん、ベテランの力が会社を支えていることもわかっていますし、土台を作ってくれているからこそ会社がより良い方向に導かれていることも事実なのですが、若い世代にはなかなか理解されないのが現実のようです。

また、50代という年齢から昇進の道が見えなくなってしまうこともあるようで、仕事に対するモチベーションが低下してしまい、毎日仕事をすることに対して嫌悪感を感じてしまうことで、自分の居場所を見失ってしまうこともあります。

いくら生活のためとはいえ、やりがいを持って仕事をすることで毎日に活気を生み出すこともできますし、仕事によって辛いと感じてしまう日々から抜け出したいと思う気持ちから会社を辞めたいと感じるのも無理はないですよね。

子供の自立

50代で働いている方の中には結婚している方も多く、子供だけでなく孫がいる場合も少なくないと聞きます。

子供を育てることが仕事をすることのモチベーションともなっていることも珍しくないですし、家族を養うために過酷な仕事をしているというケースもあります。

50代という年齢になると、子供自身も働けるようになっていることが多く、家から巣立って自立することによって親としての責任を果たし終わることによって、改めて仕事をするということを見つめ直す機会ともなるのです。

会社を辞めたい50代は早期退職が増えている?

会社を辞めたいと思い立ってもなかなか行動に移せない方も多いと思いますが、早期退職という方法で会社を去ることもできますので、一度考えてみてほしいですね。

早期退職制度の利用

近年、ニュースにも取り上げられている話題として注目されている「早期退職制度」ですが、大企業が人件費削減のために早期に退職する希望者を募ったことでも知られています。

一方的に辞めるように促すリストラよりも、制度として設けることによって、個人の意思を尊重することもできますし、早期退職を勧めることによって会社だけでなく社員にもメリットを感じることもできます。

会社によって50代会社員というのはベテラン世代の中心にもなりますが、どうしても古い風潮に染まってしまうことも多く、早期退職者を募ることによって若い世代を取り込もうとすること動きも活発になっているのです。

一見すると、ベテラン世代を追い出しているように思われる制度ではありますが、早期退職者には通常よりも退職金が多く支払われることも多く、会社を去る方にもしっかりと敬意を払っていることがわかりますよね。

起業意欲の高まり

50代という年齢は様々な経験をしているだけでなく、長年の貯蓄によって自らの願望を叶うことが容易にできる世代でもあります。

「人生は何歳でもやり直せる!」という気持ちを持っている50代の方も多いですし、気持ちをしっかり持っていれば行動に移すことは意外と簡単なのです。

早期退職することによって定年退職するよりも時間を有効に使うこともできますし、早ければ早いほど起業をするために率先してできることは山ほどあるのです。

50代からでも起業が可能なのかということも考えられますが、経済面だけでなく経験値としての基盤ができている世代ですから、自らが率先して動くことによって軸を作ることができるので、若い世代を取り込むことができれば自分の会社を持つことも夢ではないのです。

会社を辞めたい50代女性の本音とは?

50代女性が会社を辞める要因としては、会社の方針が変わったことによって働きにくくなったり、体が思うように動かなくなったり、若い世代がたくさんいることによって働き辛くなるなど、その理由も様々であります。

また、結婚しているか独身かによっても変わるようで、独身のまま会社を辞めてしまって次の就職先が見つかるか不安なため、辞めたくても辞められないという本音を抱える方もいるようです。

会社の上層部には50代の女性上司がいるのも珍しくない世の中になってきましたが、実際に50代女性が会社を辞めたいと考えるきっかけとはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、実際に会社を辞めたいと感じている方の声を聞いてみることにしましょう。

・50代半ばの独身正社員ですが、更年期による身体的なストレスから会社を辞めたくなることもあります。

・上場企業に勤める50代の私は、宴会などでのセクハラが悩みの種で、結婚していないことを男性だけでなく女性からも嫌味のように言われるのが不満です。

・50代でキャリアにも自信はあるのですが、「会社にはいらない人間」と思われるような境遇に置かれていることから会社を辞めたくなってしまい、自己評価も下がってしまいます。

50代女性にとって更年期は深刻な問題なので、仕事にも悪影響となることが多く、会社を辞めたいと考えがちになってしまうようです。

また、男性からだけでなく女性からも年齢や独身だということでセクハラを受けてしまうという現状に対しても怒りを感じますよね。

会社を辞めたい50代男性の退職後におすすめの仕事は?

50代という年齢で会社を辞めようと決意する男性の中には、退職後の仕事に不安を抱えて辞めたくても辞めれない方も多いようです。

転職活動の際には、以前働いていた会社と同じ分野を探したり、同じような待遇を期待しがちになりますが、実際にはなかな見つけられないというのが現状のようです。

ですが、働き口というのは見方を変えることによって何倍にも幅を広げることができますので、慣れ親しんだ仕事だけでなく新しい仕事に挑戦するのも退職後の生活を安定させることになるのです。

特に、50代男性におすすめしたいのが、ビルや施設などの警備員マンションの管理人で、比較的50代以上の方が再就職しているケースが多い職業でもあります。

体力的にも余裕のある仕事になりますし、仕事内容に関しても施文的な知識がなくても働けるということで人気となっています。

特に、マンションの管理人などは比較的時間に余裕のあることが多く、ストレスフリーな職場としても再就職希望者が多いようです。

会社を辞めたい50代の理由や現状まとめ

いかがでしたか?

50代で会社を辞めたいと考える方は思った以上に多いようですが、その理由に長年働いたが故に感じる気持ちの変化や、新たに一歩踏み出したいという思いなどがきっかけにもなることもあるようです。

現実的には厳しい状況かもしれませんが、長年積み上げてきたキャリアや早期退職制度を利用して、退職後の生活をより良いものにすることもできますし、今の現状を変えようとする気持ちを大切にしていきたいですね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です