会社を辞めたい20代がすべきこととは?退職理由や転職事情に迫る!

20代の会社員の中には、「会社を辞めたい」と感じながらも日々の仕事をこなしている方も少なくないようですが、どのような理由から生じる気持ちなのか気になりますよね。

社内では若手と呼ばれるポジションになることも多い世代ということもあり、働きやすい環境に身を置きながら仕事にもやりがいを得る一方で、些細なことをきっかけにネガティブな思考になりやすい時期でもあるのです。

そこで今回は、20代で会社を辞めたくなる理由や陥りやすい現状、さらに退職後に待ち受ける転職事情についてもご紹介していきましょう!

会社を辞めたい20代の辞める理由とは?

20代で会社に入るということは、若さ溢れる力をフル活用できる輝かしい時期でもあるのですが、日々の社会生活の中で「会社を辞めたい」と感じることも多いようです。

特に、20代前半であれば入社して1~3年目となっていることもあり、様々な刺激によって精神的にも強さを必要とする機会が増えるようになる一方で、学生時代に感じたことのないようなストレスに悩まされることもあるのです。

ここでは、会社に所属している20代がどのようにして会社を辞めたいと考えてしまうかを詳しく見ていくことにしましょう!

やりたい仕事ができない

20代というのは社会に出ているどの世代よりも勢いがあり、成長や能力向上が見込まれることもあり、より多くの仕事を任されることから様々な経験ができる貴重な時間を過ごしているとおいえますが、自分がやりたかった仕事を任されなかったり、ハードルの高い仕事をしなければならないこともあるのが現実もあります。

社会に出て体験する様々な困難というのは、後に生かすことのできることも多く、最初に多くの難題をクリアすることによって自分自身の成長にも繋がりますし、社会のマナーを実体験によって学ぶこともできるので、仕事に意欲的な方であればその状況を楽しむという方もいることでしょう。

ですが、まだまだ学生気分が抜けない時期でもありますし、若さだけで突っ走ってしまうことも否めませんので、20代の社会人を育てるために上司が目を光らせることもよくあることなので、社会人としての教育として様々なことを上司に言われることは避けられません。

自分のために指示をしてくれたり助言を受けることをプラスに考えられればいいのですが、自分の仕事内容を否定されたと思ったり、支持された業務内容に不満を感じてしまう方も少なくないのです。

自分のやりたいことをするために会社に入ってことは言うまでもありませんが、最初からやりたいことができるという状況にならないことも事実なのです。

会社には独自のルールもありますし、仕事をする上で自分の思い通りにならないこともしばしばなので、20代という年齢では特に不満を抱えやすい時期ではありますが、次に繋がるきっかけとして乗り越えておかなければならない問題もたくさんあることを覚えていてほしいですね。

会社の将来性に不安を感じる

20代の会社員は新卒で入っている方も多いようですが、書類審査や面接などを突破して意気揚々と入社した方もいることでしょう。

入社するまでは書面やネットなどによる評判や独自で集めた情報によってのイメージだけになりますが、実際に働いてみると見えてくる会社の裏側というものを知る機会も増えてくるのです。

厳しい就職戦争に打ち勝ったにも拘わらず、自分のいる会社が将来的にどうなってしまうのかと不安を感じてしまい、会社を早急に辞めたいと考えてしまうようです。

社風というのはどこの会社も公式ホームページやパンフレットなどに記載されていることも多いですが、自ら身を置くことでどれだけその社風が生かされているかを知ることができますが、理想ばかりが目立ち現実的に成果を出せていない会社があることも少なくありません。

会社に対する不安というのは、後に自分がしている仕事にも悪い影響を与えることになりますし、新たに環境を変えることでもっと仕事がしやすくなるのでは?と感じて会社を辞めようと決意してしまうようです。

人間関係の悩み

20代だけでなく、どの世代でも会社を辞める理由にランクインするくらい定番ともなっている人間関係についてですが、会社だけでなく日々の生活の中でも人との関わり人生を左右すると思っても過言ではないでしょう。

社会人の中では若い世代に分類される20代ですので、フレッシュであることを嫉妬されたり、若いからという理由で邪険にされたり、ベテラン社員から目の敵にされてしまう経験をした方も少なくないと思います。

さらに悪化してしまうと、上司からのパワハラやセクハラを受け続ける日々に悩み、誰にも相談ができずにそのまま会社を辞めてしまうということもあり得るのです。

社会人となると一日の大半は会社にいることが多くなってきますし、社内でどのように過ごすかというのは勤続年数にも深く関わってくるのです。

会社には様々な年代の方がいるのが当然ですし、良好なコミュニケーションが取れることで仕事を円滑にすることにも繋がりますが、社内の空気が悪かったり、些細なやりとりですらギクシャクしてしまうような環境では自分の能力を最大限に生かせません。

また、仕事内容が満足のいくものだとしても、社内での人間関係を理由に出社できなくなってしまう方もいるようなので、誰もが働きやすい環境づくりを徹底してほしいですよね。

給与が安い

会社を辞める理由では良く聞かれることも多い給与問題についてですが、20代という若い時期だからこそ退職のきっかけになりやすいものとなっています。

入社して間もない頃は、ある程度決められた給与が設定されていることも多く、金額についてはさほど気にならないかもしれませんが、ある程度会社での仕事に慣れてくると、今の仕事内容が給与に見合っているかを確認しがちになります。

仕事はやりがいがあるものであれば安い給与でも続ける方もいるかもしれませんが、多く貰えることに越したことはありません。

若い時期なら尚更もっとお金を稼ぎたいという欲が増えやすくなりますし、他の会社の方が給与が多く貰えるのでは?と疑問視することによって、会社を辞めようとする気持ちを助長させることとなるのです。

残業による体力の限界

20代の会社員といえば、体力的にも余裕があり、どんな仕事にも全力で立ち向かっているイメージも強い世代ではありますが、その若さを悪い方向に使われてしまうことも良くあることなのです。

若いからこのくらいできるだろうという理由で過度な残業を強いられていたり、能力以上のことを任されすぎて毎日終電ギリギリで変える方も少なくないでしょう。

20代というのは元気があるからといって雑に扱っても良い世代ではなく、次の世代を担う存在であるべきですし、会社がその能力を無下に扱うのは許しがたいことですよね。

確かに、30~50代の会社員に比べれば体力的にも良好ではありますが、健康面や精神面を考慮しながら育てることで、より本来持っている能力以上の力を発揮できるように促してあげることも忘れてはならないのです。

会社を辞めたい20代は甘えなの?

20代で会社を辞めたいと相談した際に、「それは甘えだ」と言われた経験がある方も多いのではないでしょうか。

確かに、入社して間もない時期と言われればそうですし、3年目になったとしてもまだまだ若いと言われる世代でもありますよね。

しかし、甘えかどうか判断するためには、どのような理由から会社を辞めたいと感じたのかを明確に知る必要があるのです。

上司によるパワハラを毎日のように受けていることで仕事へのモチベーション低下し、自分の存在価値も否定されるような生活を送っている20代の方から相談を受けた場合、甘えからくる退職の意ではないことは明らかですよね。

「会社を辞める=甘え」というイメージが先行しすぎて、精神的に辛くなっているのに何も言わずに我慢をし続けてしまい、その結果体調を崩してしまってはもっと大変な状況になってしまいます。

会社を辞めたい理由を自分なりにもしっかり分析することによって、何を解決しなければならないかが見えてくることもありますし、甘えだと一方的に決めつける必要はないのです。

会社を辞めたいと20代が言えない場合は?

20代で会社を辞めたいと上司に伝えるのは、もしかするとどの世代よりも言いにくいことかもしれませんし、退職の意を伝えたとしても一度は止められると思っていた方が良いでしょう。

また、上司との人間関係などを理由に会社を辞めようとする場合、話すことも億劫になってしまいがちになるので、どのようにその話題を出せばいいかわからなくなってしまうことも懸念されます。

口頭で伝えるのが苦手であれば、書面で伝えることをおすすめしますが、その際は就業規則に従って辞める時期などを明確に記しておくことで、決意の固さをアピールすることができます。

書面で書く場合には、辞める理由はできるだけ前向きな事柄にすることで上司が引き留めにくくなりますし、ネガティブな表現は避けることをおすすめします。

会社を辞めることは悲観的に捉えられやすい問題ではありますが、辞めることで次のステップに繋げるという強い意志を表現することも時には大切なのです。

ただ、書面で退職の意を示したからといって、最終的には上司と話さなければならないこともありますので、その場合は自分の言葉に自信をもって、辞める意思が明確であることを伝えるように心がけましょう。

少しでも迷いが生じてしまうと、「もう少し頑張ってみないか?」や「次の就職先探すの大変だぞ」と言われるかもしれないので、書面で提出したとしてもある程度は言葉で伝えられるくらいに個人的に練習しておくのが賢明です。

会社を辞めたい20代の転職事情!

会社を辞めると決意すると、次の転職先が決まるのか不安になる方も多いと思いますが、20代で新しい会社を見つけることはどの世代よりも有利なケースが多くなっています。

確かに、入社して2~3年で辞めるというのは継続力を問われてしまうこともあるかもしれませんが、20代という若さを重要視する会社が多いのが現状のようです。

また、会社によっては20代の社員を増やしたいという動きも強まっている傾向にあるので、20代で転職したいのであればできるだけ早めに動き出すことが大切です。

ただ、面接時に一番に問われることは「何故前の会社を辞めたのか」ということなので、退職理由次第で合否が決まるといっても過言ではないでしょう。

退職理由は様々だとは思いますが、自分が採用する立場であればネガティブな理由よりも前向きな理由を示している方が一緒に働きたいと感じやすいですよね。

また、転職活動を始める時期についてですが、今や数多くの転職サイトがネット検索できる時代となっていますので、会社に所属している段階で転職サイトに登録しておくだけでも情報を得ることができますので、仕事に支障をきたさない程度に水面下で活動することをおすすめします。

会社を辞めたい20代の理由まとめ

いかがでしたか?

20代で会社を辞めたいと思ったら、その理由を明確にすることで今置かれている環境や自分の心情を把握することができますし、20代という若さを武器に転職に踏み切ることで状況を好転することも可能なのです。

20代の若さで会社を辞めるのは甘えだと言われてしまいがちではありますが、20代だからこそ踏み出すことができることもありますので、今一度自分にとって会社がどのような存在であるかを考えるのも大切ですね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です