会社を辞めたいと30代で決意!その理由や退職前に行動することは?

30代という年齢は転職を考えやすい時期としても知られていて、改めて自分の置かれている環境を見つめ直す方も多いようです。

会社を辞めたいと思っていても、実際に行動するにはどのようなことをすればいいのかわからなかったり、たとえ辞めたとしても新しい就職先を見つけられるのか不安になりやすいものです。

そこで今回は、会社を辞めたいと考える30代の男女別の理由や辞める前に覚えておきたい注意点などについてご紹介しましょう!

会社を辞めたい30代女性の理由とは?

アラサー女子と呼ばれることも多い30代女性の場合、会社を辞めたいと感じるのは女性ならではの悩みだったり、将来への不安からくるものが多いように思われます。

ここでは、30代女性がどのようなタイミングで会社を辞めたいと感じるのか見ていくことにしましょう!

人間関係が上手くいかない

一般的に女性が抱える悩みとして1位に挙がるほどの問題でもある人間関係ですが、会社を辞めたいと思うほどの影響力のあることでもあります。

男性よりも女性の方が人間関係が複雑で陰湿になっているイメージもありますし、それが仕事という枠内であったとしても、悪質さはそのまま残ってしまっていることが多いです。

昨日まで仲良く話していた同僚が次の日には無視するような態度を取ったり、ベテランの女性社員に年齢が下というだけで雑用を任されてしまうなど、人との関りが多いほど悩みの根源になりやすいこともしばしばです。

30代という年齢は20代社員と40、50代社員に挟まれていることもあり、勢いのある若さと長年の蓄積によるプライドとの派閥から目を逸らせない境遇でもあります。

どちらにも良い顔をしているうちに、精神的に不安定になってしまったり、自我を保てなくなる方もいるくらい深刻な問題になっているのです。

また、女性同士だけではなく、男性社員との関係性にも悩む方もいるようで、少し話していただけで根拠のない噂を流されたり、セクハラまがいの会話を強要される経験を持つ方も珍しくないようです。

仕事内容で悩みよりも人間関係の悩みのほうが解決するのが難しい傾向にもありますし、実際に今の会社を辞めたとしても次の会社でも新しい人間関係の世界に立ち向かわなければならないので、根本を解決することが大切でもある理由となっています。

仕事が合わない

会社を辞めたいと感じる理由で仕事内容に関する悩みを挙げられることが多く、実際に会社に入ってみてから気持ちが変わってしまうということもあるようです。

入社試験の時は伸び伸びと働き方のモチベーションを語っていた人でさえ、理想と現実とのギャップによって仕事に対して達成感や満足感を得られないケースも珍しくありません。

また、事務職で入ったはずなのに社内でやっていることはノルマの課せられた営業職同然の業務だったり、決められたルーティーンワークが思った以上に飽きてしまう内容で刺激がなくて困っているという声も多いようです。

20代ほど若くない世代ではありますが、自分の働き方を変えるには遅くないと感じやすいこともあり、もっと別の会社で自分の能力を生かせるのでは?と思いを巡らせがちになります。

また、30代で仕事内容に対する不満から会社を辞めたいと感じる方の多くは、比較的仕事に対して意欲的な方が多い傾向にはありますが、その気持ちが仕事内容に上手く比例しない場合には、逆にやる気が起きにくくなったり、新しい環境に身を置きたいと考えてしまうようですね。

突発的な出来事による不信感

30代女性が会社を辞める理由で意外に多いとされるのが、社内で予期せぬタイミングで生じた出来事に対して会社や同僚などに不信感を感じることなのです。

例えば、普段からコミュニケーションも良好に取れている上司に、いきなりデリケート話を離すように言われたり、仕事仲間だと思っていた同僚に恋人関係のようなことを迫られるなど、突発的に自分に振りかかったことに対して戸惑ってしまい、社内に居づらくなってしまうようです。

また、信頼していた上司に悩みを相談していて、いつの間にか社内に知れ渡っていたというケースもあり、今まで積み上げてきた関係性が一瞬で崩れてしまうことによって、会社を辞めたいと感じる気持ちに拍車をかけてしまうようです。

一般的に、女性は男性よりも感情に左右されやすいと思われていますし、表では笑顔だとしても繊細で傷つきやすいということを忘れないでほしいのが本音です。

仕事だから仕方ないと割り切れれば良いのですが、それでも気持ちが晴れない場合は会社を辞めるまでに決意を固めてしまいがちになるので、社内でのコミュニケーションには気を付けていきたいものですね。

他にやりたい仕事ができた

30代という年齢は会社での業務や風習に慣れてくる年代にもなるので、新たな刺激を得たり、キャリアアップを考えやすい時期でもあります。

実績を積んでいることによって他社からヘッドハンティングされる方も多いようで、今以上に達成感のある仕事に就きたいという意欲が高ぶることも珍しくありません。

一般的には男性の方が社会進出しやすいとされていますが、能力が優れている女性も増えてきているのが現状ですし、表現力の幅や柔軟性の良さを生かして女性ならではの観点で活躍しているキャリアウーマンの活躍が頼もしい時代となっています。

また、ブログやインスタグラムなどのSNSの普及に伴い、趣味でやっていた分野が高い評価を受けて会社員をしながら他業界から注目されえている女子も年々増えてきています。

副業のように考えていた仕事が主軸となるケースも珍しくないですし、今の会社を辞めて自分の会社を立ち上げて起業するなど、自分の好きなことを仕事に変えるということも夢ではないのです。

会社を辞めたい30代男性の理由とは?

30代でバリバリ働く男性会社員の中にも、今の会社に対する不満が芽生えやすいのも事実であり、その問題解決のために仕事に奮闘する方も増えているように思われます。

ここでは、30代男性が会社を辞めたいと感じる理由について見ていくことにしましょう!

待遇への不満

働く30代男性によって社内での評価というのは仕事に対するモチベーションアップに深く関係していることもあり、自分の仕事が認められるということが重要になっているのです。

同じように働いているのに同僚の方が給与が良かったり、業績を上げていると実感を得ているのにボーナスが上がらなかったりなどの理由から、働くことへの意味を考えがちになってしまうようです。

30代男性の中には結婚している方も多いですので、家族のために一生懸命働いているのに経済的に養えない状態になるのは不安ですし、別の会社に行けば今以上の境遇に出会えるのでは?という疑問を抱えながら会社に勤めている方も少ないないのです。

また、毎日の長時間通勤による疲れや残業が増えることによって家族との時間が取れなくなってしまっては、何のために仕事をしているのかわからなくなってしまいますよね。

仕事が楽しくない

日々の生活のために仕事をするというのが会社員としての主軸だと考える方もいますが、仕事に楽しさを見出すことがモチベーションとなっている方が多いのも現状のようです。

楽しいという感情は人それぞれではありますが、自分なりの成果が出た時に感じる楽しさや、業務自体が楽しいと感じるなど、様々な場面で30代男性は仕事に対して楽しさを重視する傾向にあるようです。

ですので、仕事に対するモチベーションが低下してしまうと、本来持っている能力が発揮されにくくなりますし、つまらないという感情が顔に出てしまっては取引先の信用も無くす可能性もありますよね。

仕事に対する楽しさを見失ってしまうと、急に現実的になってしまい今の現状に感情が冷めてしまうことにもなりますので、状況を好転させるために会社を辞める決意をする方も多いのです。

体力的な辛さ

30代という年齢は全体的に見ればまだまだ若い年代にはなるのですが、20代の若さを取り戻したいと考える30代男性は意外と多いようで、自分が思っているパワーを仕事で生かせなくなったと嘆いている方も多いようです。

20代の頃であればタフに動き回っていたはずなのに、体が思うようについていかないことに男性としての自信をなくしてしまったり、気持ち的には動けるのに体力が持たないという経験をしている方も珍しくありません。

外回りの営業などで体力を使いがちになっている場合には、デスクワークに転職したほうが体力的にも安定するのでは?と業種を変える方もいるようです。

会社だけでなく働き方を変えようとするほどですので、30代男性にとって体力面への不安は思った以上に影響力があるようですね。

会社を辞めたい30代独身の場合は?

会社を辞めるにあたって、独身ということがそれに拍車をかけるか重要になってくる問題でもありますが、30代独身の状態で会社を辞めるのは実際にところどのような課題があるのか気になりますよね。

実際に30代独身ということで会社が雇わなくなるということは現状としては考えられないのですが、未経験な業種よりも自分の能力が生かせる業種を選ぶほうが良いかもしれません。

もし、未経験の業種を選びたいのであれば、できれば30代後半になる前に転職することによって、より有効的に時間を使うこともできます。

20代よりもより多くのキャリアを重ねているという強みもありますし、独身なのである程度の時間に余裕を持てるというのもアピールすることができますよね。

女性の場合は、独身であっても結婚願望の強くなる年代でもありますが、独身で選んだ会社が既婚者になった時にどのような待遇をするかを改めて実感することもできますよね。

会社を辞めたい30代の退職理由で気を付けることは?

会社を辞めたいと日々悶々としていても、実際に行動に移す方は少ないように思われますが、しっかりと退職を意を上司に示す場合には気を付けなければならないことがあります。

実際にはネガティブな理由から退職をしたいという場合でも、できるだけ前向きな表現で辞める意思を伝えることによって円満に会社を去ることができるのです。

例えば、「今までの経験を通して自分の力で新しい環境で試してみたい」や「個人で起業したいと考えています」など、仕事をするということに意欲的な理由であれば、会社側も止めようとするよりは背中を押したいと思ってくれるはずです。

もちろん、前向きな理由でない場合が多いのも事実なので、本音は胸にそっと秘めておいて、精一杯の建前と共に今までお世話になった感謝の気持ちとして伝えることが大切です。

会社を辞めたい30代は退職して旅に出るのもアリ?

実は、会社を辞めたいと考える理由の一つに「退職して旅に出る」というのが意外と多いということを耳にしました。

休息期間という名目で旅をすることによって、ノルマやしがらみなどに縛られた生活から解放されることで、自分がしたいことや今すべきことなどを改めて考える期間にもなるのです。

長年働き詰めになっている会社員が考えやすいことでもありますが、実際に旅をすることによって見えてくることもあるようです。

今までの生活では経験できないような出来事に遭遇することも多いですし、人生において強みとなる体験ができるかもしれないのです。

ただ、旅をしたいというだけで会社を辞めるのはなかなか勇気のあることですし、旅行をするための資金を確保しておく必要があります。

帰ってきてたら仕事が見つけられる保証がないに等しいですが、仕事に対して新たな気持ちで取り組もうというモチベーションを向上させるきっかけになる可能性は十分にありそうですね。

会社を辞めたい30代の理由まとめ

いかがでしたか?

30代で会社を辞めたいと考える方は比較的多いように思われますが、どのような理由からくる感情なのかを知ることで、今後の働き方や仕事に対する意識を再確認するきっかけになります。

実際に会社を辞めるにあたって、今後の生活のことを考えるだけでなく、どのような仕事をしていきたいかを把握することで、仕事を通して30代という年代をより良いものにすることもできるのです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です