サラリーマンは稼ぐ力が必要!生涯賃金を増やすためにすべきことは?

会社に勤めるサラリーマンの場合、自営業やフリーランスの方と比較しても安定した生活を送っているように思われますが、実際のところサラリーマンには自分で稼ぐ力を持っているのでしょうか。

会社に所属しているという安心感から、自らが動いてお金を稼いでいると実感しにくい環境にいるということで、いざ独立や企業して自分の力だけで仕事をすることができるのか気になりますよね。

そこで今回は、サラリーマンが稼ぐために必要なことや生涯稼ぐ金額などについてご紹介していきましょう!

サラリーマンは稼ぐ力が欠けている?

サラリーマンは個人の力を身に付けることが大切!

一般的なサラリーマンのイメージとしては、毎朝決められた時間に出勤して、決められた時間にご飯を食べ、決められた時間に家路に着くというルーティーン作業のような毎日を送っているのを想像できます。

もちろん、業種によって時間の使い方はまちまちですし、毎日残業で遅くなるサラリーマンも珍しくありませんが、サラリーマンという肩書がなくなってしまった場合、個人でお金を稼ぐ力があるのかを問いたくなります。

会社に守られた環境で上司に言われた仕事を淡々とこなすだけで給与をもらえるわけですから、一見すれば社会の荒波に揉まれていないのでは?と思われがちですし、安定した環境で仕事ができることに感謝しながら仕事をしている方は少ないかもしれません。

また、一度就職したからといって一生そこで働き続けるという時代ではなくなっていますし、予期しない形で給与が減ったり、場合によってはリストラ対象になってしまうこともあるのです。

そうなると、サラリーマンに問われるのは会社に属さなくても自分で稼ぐことのできる力が必要となるのです。

実際にサラリーマンとして働きながら副業をしている方も多いようで、二足の草鞋を履いているのも珍しくない現状になっています。

副業が軌道に乗ってくると本業よりも稼ぐことが見込める場合には会社を辞めて自分の力でお金を稼ぐことを選ぶ方もいるのです。

もちろん、本業となるサラリーマンでの仕事を全うしてこその副業ではありますが、副業をしてる人としていない人では稼ぐ力には差があると考えられます。

仮に、サラリーマンとしては上司に支持されたことだけをしているとしても、副業では率先して自らが動いているという方もいますし、副業の選び方によっては自分の力を最大限に生かすこともできるのです。

また、副業は自分の興味のあることや趣味の延長線となる分野を仕事としている方も多いので、仕事のような決められた規則の中で仕事をするよりは、自分の意思の最優先して業務をこなすようになるのです。

サラリーマンだからといって自らが動いていないというわけではありませんが、自分一人で稼ぐことができるのか?と問われると、副業で成功している方が稼ぐ力を身に付けていると推測できますよね。

毎日安定した環境で過ごしているサラリーマンだからこそ、自分で稼ぐ力を身に付けることによって仕事に対する考え方や働き方を再度考え直すきっかけとなるのです。

サラリーマンが稼ぐのにスマホは必要不可欠!

サラリーマンが稼ぐ力を身に付けるためには、仕事の在り方を考える必要があるのですが、一番わかりやすい方法で言うと、自らが作品を作ってそれを様々な媒体を使って宣伝をし、最終的には作り出したものを売ってお金を稼ぐということになります。

では、サラリーマンが稼ぐ力を身に付けるために、おすすめの副業とはどんなものがあるのでしょうか。

大前提として、サラリーマンとしての本業を疎かにしないことや、就業規則で副業が禁止されていれば無理にする必要はないのですが、自分の力を他の環境で試すというのは稼ぐ力を身に付けるには大切なことなのです。

最近では、副業といっても手軽にできるものが多くなっており、スマホで簡単にお金を稼ぐことができる時代になっています。

電話やメールなどの連絡手段として使うにはもったいないくらいスマホには無限の可能性が秘められているので、副業にも使える優れた機能を使わない手がないと思っています。

例えば、文章を書くのが得意だとすれば、自分の興味のある分野のブログを書くことで自分の言葉で自分の考えを伝えることができますし、アフェリエイトというサービスを使えばブログを書きながら広告収入を得るということもできます。

最初は読者も少ないかもしれませんが、ネット上にブログを投稿している以上、見てもらえる層が予想を遥かに超える数になりますし、人気になれば記事を一つ書くだけで多額の利益を得ることもできるのです。

また、特別な趣味がなかったとしても、サラリーマンとして働いていく上で必要なことなどを記事にすることもできますし、自分が書きやすい分野を書くことのできる自由な分野にもなっているのです。

ブログを検索する方の中には、実際に働いているサラリーマンを意見を聞きたいと記事をクリックすることもありますし、自分が何気なく過ごしている日常が経験となり、それが文章の説得力に繋がるので、ビジネスチャンスとして生かすこともできるのです。

サラリーマンとしての経験を稼ぐ力の手助けにすることによって、本業への意欲も高まりますし、仮に独立した際にも自分の意思をはっきり示すことができるようになるので、自分の能力を高めるために副業をするのも良いかもしれませんね。

サラリーマンで稼ぐには何が必要なのか?

会社に属しているサラリーマンの場合、自分の力だけでなく会社の力を発揮する場面も多く、自分一人の力で仕事をしていないと実感する場面に出くわすことも多々あります。

一般的に会社に勤めているというのは世間的にも好印象ではありますし、会社のネームバリューによって説得力を増すということも良くあることです。

名刺交換の際にも、会社を背負って来ているんだなと再確認できますし、サラリーマンとしての自覚が仕事へのモチベーションに繋がればより能力を発揮しやすいですよね。

そんなサラリーマンがお金を稼ぐためには、会社に属しているということに満足せずに、自分の力で仕事を見つけるという意思を持つことも大切となります。

世間的には、サラリーマンは会社を動かす歯車としての役割と思われるかもしれませんが、歯車がなければ本体を動かすことができないのも事実ですし、個々の力を高めることが全体を良くする力を秘めているのです。

また、安定した給与を得ている環境に驕ることなく、任される一つ一つの業務を誠心誠意こなすことによって、上司から評価されることも増えるでしょうし、更なる給与アップに繋がる可能性も十分にあり得るのです。

さらに、今の実力以上のものを身に付けたい場合は、新たに資格を取得したり、自分が得意な分野を伸ばせるだけでなく、別の分野でも活躍できるような能力を増やすこともできるのです。

近年では、様々な資格を本業に負担をかけることなく取得できる時代になっていますし、説得力を形にすることのできる資格を使って副業を始めるというのも、自分で稼ぐ力を高めるために役立つ方法となっています。

サラリーマンが稼ぐ金額はいくら?

サラリーマンとして日々働いていく中で、自分が生涯どのくらい稼ぐことができるのか気になっている方も多いと思います。

平均的な金額としては、大卒のサラリーマンの場合は約2.5億円といわれており、高卒になると約2億円という統計が出ています。

学歴社会が薄れてきている昨今ではありますが、給与に関してはやはり大卒か高卒かによって金額の差が出てしまうのが現状のようです。

2億円という金額は莫大な数字ではありますが、生きていく上でお金というのは必要不可欠となっていますので、生涯賃金として計算するとたくさん稼げると思われがちですが、実際に使う金額を考えると2億円稼げるから安心と思わないほうが良いのです。

サラリーマンとして生活していく中で、食費や光熱費などの日常を送るために必要な費用だけでなく、家を持っている方であれば家賃や住宅ローンなども必要になってきます。

また、子供がいるサラリーマンの場合は、多額の教育費がかかってくることを忘れてはいけませんし、子供を大学に行かせたいと思う方も多いと思いますので、卒業までにかかる金額を覚えておく必要があります。

一般的には、公立であれば1000万近くかかるとされており、私立になればその倍近く費用がかかる計算となります。

これは子供1人分の金額となりますので、子供が増えれば増えるほどお金がかかることになりますし、日々の生活においてかかる費用も考えると稼ぐ金額を改めて考え直す必要がありますよね。

さらに、子供が巣立った後には奥様との老後生活が待っていますので、体に負担をかけずにゆっくりとした生活を送るためにも貯金をしている方も多いと思いますので、生涯2億円稼げるからといって安易にお金を使うことは避けることが賢明です。

サラリーマンが稼ぐお金は今後増える?

サラリーマンが生涯稼ぐ金額は約2億円という統計は出ているのですが、実際にこの金額がもっと増えるのか、もしくは減ってしまうのかというのも気になるポイントですよね。

会社に長期間勤務していることによって給与が上がっていくことはわかりますが、景気の変動や会社の方針などによっては、若い力を取り入れるためにベテランに退いてもらうということも珍しくはありません。

日本全体として見ても、平均年収というのは徐々に減ってきているのも現状ですし、貰える給与は減っているのに生活のためにかかる費用はそのままかもしくは増えてしまっている厳しい現実が待ち構えているのです。

サラリーマンとして安定した環境で働くことは経済的にも続けていきたいことではありますが、自分の生涯賃金を上げるためにも個人で稼ぐ力を身に付けることによって、会社に頼りすぎない生き方をすることができるのです。

副業によって起業する力を身に付けることもできますし、自己投資をすることによって将来稼ぐことのできる金額を良い方向に導くことにも繋がりますので、自らの能力を高める努力を日々積み重ねていくことが大切なのです。

また、生活費や娯楽費などを節約するのも稼ぐ力を身に付ける近道となっていますので、お金をかけすぎることなく、将来に向けての貯蓄だと思って慎ましく生活していくのも忘れないようにしましょう。

サラリーマンの稼ぐ力や生涯賃金まとめ

いかがでしたか?

サラリーマンとして働くことは安定した給与も得るということで将来を約束されたように感じますが、個々としての力を身に付ける努力をすることで、より良い生活を導くことができるのです。

生涯賃金はあくまで目安ではありますが、実際の金額を知ることで将来必要なお金を今一度見直すこともできますし、子供や老後のことを考えながら日々奮闘するサラリーマンの今後がより素晴らしいものになるように祈っています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!

大吉公式LINE@←登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です