目安時間:約 8 分

SEOを取り巻く環境はここ数年でかなり変わっています。

2010年に大手検索エンジンサイトのYahoo!JAPANがGoogleのアルゴリズムを採用したことも大きな影響を受けています。

そのためSEO対策も数年前に比べてかなり難しくなり、SEOのサービスを行っている会社では様々な工夫をしています。

顧客から求められる多様なニーズに応えるためにも、サービスを充実させなければいけません。

せっかく内容のいい効果的なホームページを作っても誰も見なければ意味がありません。

特に企業のホームページなどの場合には、アクセスしてもらうことが売り上げに直結につながることもあるので大きな問題です。

一部にはリンク施策はもうあまり意味がないといった声も聞かれます。

しかし大手検索エンジンのGoogleが今もPageRankを利用しているので、リンク数やアクセス数を上げることによってサイトの評価も上がってきます。

上位に表示されるにはリンク数がキーとなるでしょう。

PageRankの高い優秀なサイトのリンクがあれば自社サイトも上がりやすくなります。

GoogleではPageRankが高いと優秀なサイトだと認識しています。

関連性のところからリンクしてもらうこともかなり効果があります。

そして安定して常に上位にいるためには、コンテンツ力も重要になってきます。

もちろんこれだけがSEO対策に関係しているわけではないので、これだけに気をとられないようにしてください。

この他にもいろんな要因が関係しているのです。

Googleの場合はとても高品質なのでしっかりと対策をとらなければいけません。

Google AdSense

気になるコンテンツからご覧ください!

SEOの存在意義

1人1台パソコンを持つのが当たり前の時代になって、多くの人が当たり前にインターネットを使うようになってまだたった数年です。

このたった数年でインターネットで買い物するのが当たり前になり、インターネットで知りたいと思う情報が手に入るようになってきたのです。

わからないことがあれば本や辞書などで調べていたものが、今はインターネットにさっと言葉を入力するだけで全ての情報を得ることができるのです。

情報を提供する側のサイトの数もここ数年で爆発的に増えました。

本でも冊数が多すぎたりページが多すぎたりすると、自分の探している情報をなかなか見つけることができません。

インターネット上でも同じです。

そのために膨大な数の情報の中から自分の欲しいものがすぐに見られるように「検索エンジン」というものが登場したのです。

そして多くの人がこれを利用するようになった今、何百頁も後に表示されるより最初の方に表示されてみんなに見てもらいたいと考えるようになり「SEO」のサービスが登場したのです。

検索エンジンを使い、結果表示されたページをどれくらいまで見るか実際に利用者へ調査を行ったところ、2ページという答えが一番多かったそうです。

情報が充実している現在において、何かしらのサイトを見ればある程度の情報は得られてしまいます。

そのためそれくらい見ればだいたい知りたいことはわかるので、それ以上の検索はしないのです。

この2ページに入るために、SEO対策サービスが重要になってくるのです。

 

サービスの形

インターネットの普及によって検索エンジンを利用する人も増えた結果、SEO対策の必要性が高くなりSEOサービスを行う会社も増えてきました。

どこの会社にSEO対策を依頼したらいいのか迷ってしまうほどあります。

会社によってはSEO対策をすることで上位表示されることだけを目的としてサービスを行っているところもあります。

しかしさらに追及して上位表示されるのは当たり前で、それによるサイト運営者の売り上げアップを図ることを目的としているところもあります。

どこの会社も上位表示を目的としてSEO対策を依頼するのではなく、多くの人に見てもらい売り上げを上げたいからサービスを利用しているのです。

そこで自社サイトをクリックしてもらうだけではなく、売り上げに直接的につながっていくようなアクションをさらにとってもらうように内容を充実させる必要があります。

せっかく検索者がサイトをクリックして開いてくれても、必要な情報がどこにあるのかよくわからないとか、目的としていたサービスや商品がすぐに見つからないとか、問い合わせしたいのにボタンが見つからないとかになるとすぐに他のサイトへいってしまいます。

そのため優秀なSEO対策会社では、売り上げが伸びるようなサイトのページ設計まで行ってくれるところも増えています。

他にも上位表示だけに頼るのではなく、リスティング広告を併用して宣伝効果を狙う方法も利用されています。

SEOを行い上位表示されるにはある程度時間もかかりますし、アルゴリズムなどに影響も受けるので難しいです。

そこでSEOの効果がでるまでは、リスティング広告を利用するというSEO対策会社もあります。

リスティング広告を使うと広告費が必要になるので長期間は使えませんが、利用することによる費用帯効果を考えてある程度の期間使うことは有効だと思います。

Google AdSense 再審査した結果・・・

逆SEO対策

「逆SEO対策」という言葉を耳にします。

意味は文字の通りでSEO対策の逆ということになります。

SEO対策では検索エンジンで上位に表示されるようにします。

SEO対策サービスをしている会社の場合には、検索結果画面上で1ページ目に表示できれば成功と言えると思います。

これが逆SEO対策になると上位に表示されないように下位を狙うことになります。

そのため逆SEO対策のサービスを行っている会社の場合には、検索結果画面の2ページ目以降に表示できれば成功と言えるのだと思います。

つまりサイトの順位を上げるための対策がSEOでサイトの順位を下げるための対策が逆SEOになるわけです。

逆SEO対策サービスを専門に行っている会社も何社もあります。

どういったときにこれを使うといいのか一例を挙げてみます。

あるブランドの商品について悪口を書いているサイトがあるとします。

こういった悪影響を及ぼすサイトが上位に表示されてしまっているときは、検索順位を下げることで風評被害対策になります。

特定の人を誹謗中傷しているような悪いサイトもあります。

また検索エンジンの性能が良くなりすぎたせいであまり公にしたくないような情報までが表示されるようになってしまいました。

特定の人たちとだけ見たいような情報も不特定多数の人に見られていうこともあります。

このように見せたくないサイトなどを見つけにくくしたり完全に排除したりすることが逆SEOなのです。

 

まとめ

今回はSEOに関してでしたが、どうでしたか?

最後の逆SEOに関しては故意にやってしまうことはおすすめしません。そんなこともできるネットだからこそしてほしくはありません。

今後もアルゴリズムが変われば移り変わることではあると思いますが、動向とチェックしていきます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!ライン@登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。