目安時間:約 12 分

 

ファクトム(Factom)の特徴

ファクトムは2015年に公開された仮想通貨で、文書や記録などをビットコインのブラックチェーンシステムを利用することで保護するプラットフォームで使うためにある仮想通貨のことです。ブラックチェーンとは今までの取引履歴のようなものなのですが、「情報を分散して管理する」という技術が使われているので、一部の人や組織に情報管理が集中するということがなくなりました。そうすると情報が知りたい時も一部の組織にまで出向かなくてもその関連組織で入手することができるということです。またこのシステムを利用することで管理するデータは、従来のようにデータを集中して管理していた一部のパソコンが壊れると全データが失われるということはなく、全世界のパソコンデータが同時に壊されない限り失われないということになるので、とても安全な技術といえます。そのシステムを書類や記録の保護に使うというものですが、その手数料としての仮想通貨が「factoid」というものがあります。factoidはファンクトムプロジェクトチームが発行しています。 ファンクトムはFCTとあらわされますが、その特徴は記録や書類を分散的に管理ができることです。エントリーブロックとディレクトリーブロックがあり、データをファンクトムに記録するとそれが暗号化されてエントリーブロックに納められ、ディレクトリーブロックでカテゴリーごとに分類されます。それをビットコインのブラックチェーン上に取引情報として記録されます。このようなシステムのファンクトムを利用するために必要な仮想通貨がFanctoidということになります。 このようなことからファンクトムの特徴は、分散して管理することができるということです。それが安全な管理につながり、コストも安くて済むということです。 このような特徴があるので、利用するところが増え、その手数料となるFanctoidという仮想通貨の需要がどんどん増えて価値が上がってきています。FCTははじめ10円前後で推移していたのですが、2016年から一気に高騰し400円前後となり最近では1500円、2000円というときもあります。 会社で管理している情報をファンクトムのシステムに委任すれば管理のためのコストは圧倒的に安くなり、安心して管理ができるようになることが今後も期待されているので、ますます通貨の価値が上がってくると見通されています。 日本では大手取引所のcoincheckというところでしかファンクトムを売買できません。売買したい数量を入力するだけで自動的に価格が表示され購入することができます。

仮想通貨 の種類とその特徴とは!?その1

モネロ(Monero)の特徴

モネロ(Monero)はビットコインと同様にブロックチェーン技術を利用する仮想通貨のひとつで、2014年4月18日に公開されました。「モネロ」とはエスペラント語で硬貨を意味します。モネロの通貨記号はXMRで、ビットコインと同じように管理者・ホストコンピュータを必要としないでマイニング(採掘)作業によって取引記録が管理されます。発行上限は18,400,000XMRで、公開後4年で全体の86%が採掘されます。ブロックの生成間隔は約2分で、数分で送金が完了します。モネロもビットコインと同様にProof of Workで採掘を行いますが、CryptoNightと呼ばれる関数を使用します。これは専用のASIC採掘機を作成することが困難なため、個人のパソコンでも採掘することができます。 モネロの基本的な仕組みはビットコインとよく似ていますが、最大の特徴はプライバシー(匿名性)を重視している仮想通貨であることです。ビットコインの場合は送金を行う際に、自分専用の受取用アドレス(公開鍵)に対応する秘密鍵を利用して署名を行います。アドレス自体は匿名で作成することができますが、ブロックチェーンを調べると送金の流れを第三者でも追跡することができます。そのため、ビットコインは自分名義の取引所のアカウントから同一の受取用アドレスに頻繁に送金が行われる場合は、個人が特定される恐れがあります。これに対してモネロではコインを送金する側と、受け取る側の双方で個人が特定されないような仕組みになっています。 モネロの送金を行う際に複数人の秘密鍵を利用して署名する「リング署名」と呼ばれる方式が採用されているため、ブロックチェーンを追跡しても誰が送金を行ったのか分からないようになっています。これに加えて毎回ランダムにワンタイムアドレスを生成して、このアドレス宛てに送金を行います。これは1回限りの“使い捨て”の受取用アドレスなので、個人が特定されるリスクはありません。基本的にモネロの取引内容は非公開ですが、送金用とは別に閲覧用の秘密鍵が存在します。閲覧用の鍵を渡すことで、取引内容を公開することも可能です。 ビットコイン以後に開発された仮想通貨の多くは透明性を重視していますが、モネロは匿名性を重視しています。そのため、モネロは匿名性を求めるユーザーの間で人気を集めています。モネロは仮想通貨の中でも値動きが激しく、2016年8月末〜9月初旬の2週間で30倍も値上がりしたほどです。日本の取引所でもモネロを取り扱っている会社があるので、日本円やビットコインなどで購入することができます。

 

ジーキャッシュ(Z-Cash)の特徴

ジーキャッシュ(Z-Cash)とは2016年10月28日に運用が開始された新しい仮想通貨で、通貨単位はZECです。ビットコインと同様にブロックチェーン技術が用いられていて、採掘によってのみ新規にコインが発行されます。発行上限はビットコインと同様に2100万ZECですが、ブロックの生成時間は約2.5分でビットコインの1/4の時間で送金を行うことができます。ジーキャッシュの開発チームと大手銀行JPモルガンが提携しており、開発の際に巨額の投資が行われています。ジーキャッシュもマイニングによってコインを得ることができますが、WindowsやMacなどのパソコンで単独で採掘することは不可能で、プールマイニングに参加する必要があります。 ジーキャッシュの最大の特徴は、匿名性を重視していることです。ビットコイン以後に誕生した仮想通貨の多くは透明性を重視していますが、最近はダッシュコインやモネロなどの匿名性を重視したものが人気を集めています。ジーキャッシュはダッシュコインやモネロと比較して、特に匿名性に優れた仮想通貨として注目されています。 ダッシュコインとモネロの場合は送金・受取アドレスと取引数量を隠匿することで匿名性を実現していますが、ブロックチェーンを調べればコイン履歴は第三者に知られてしまいます。これを言い換えると、ブロックチェーンを参照しても送金・受取アドレスは不明であるものの、誰かがコインを保管または送金手続きを行ってアドレス間で送金が行われていることを他人に知られてしまう事になります。ダッシュコインやモネロはコインの出入口が隠されているだけで、コインの動きは他人に丸見えです。例えば巨額のコインを持つ人が送金をすれば、誰が送金したのかが推測される恐れがあります。 これに対してジーキャッシュでは「ゼロ知識証明」という方法が採用されていて、送金・受取アドレス・取引数量だけでなく、コインの履歴も第三者に知られないようになっています。ジーキャッシュのブロックチェーン自体は公開されていますが、コインがアドレス内で保管されているのか送金されたのかという情報も隠匿されています。当事者以外の人はコインの流れを知ることすらできない仕組みになっています。 ジーキャッシュは数少ない匿名性重視型の仮想通貨として人気を集めていて、2017年6月時点で1ZECあたり4万円を超えています。現在、日本国内の一部の取引所でもジーキャッシュが取り扱われており、日本円やビットコインを使ってジーキャッシュを購入することができます。

仮想通貨 の種類とその特徴とは!?その3

ライトコイン(Litecoin)の特徴

ライトコイン(LTC)は、先に開発され仮想通貨の中では最も一般に知られるものとなったビットコインに似た性質を持つものとして、開発されたという経緯があります。但し後発である利点を活かし、ビットコインが有している幾つかの欠点を改良した点に特徴があります。 まずライトコインでは、埋蔵量がビットコインよりかなり多めに設定されています。伴って発掘に掛かる時間や労力が減少しており、特に端末CPUへの負荷が軽減されている事から一般的なPCでも採掘が可能という特徴があります。 次に、決済スピードを高速化可能とするシステム面での見直しが実施されています。ビットコインと比較すると、決済に掛かる時間は20〜30%程度にまで減少しています。前述の埋蔵量の多さから流通が増加し易い事から、決済手段としてはより優秀なものと認知され易くなっているのが特徴と言えます。 ライトコインはこうした新機軸の側面を有しつつも、飽くまでビットコインから派生したものである為、通貨としての基本的な扱いや仕組みはビットコインに準拠しています。最も認知度が高く広まったビットコインと同様の扱いが可能である事から、既にビットコインの扱いに慣れた人であれば直ぐに馴染めるというのも特徴の1つとなります。こうした側面を反映してか取り扱いが急速に広まり、暗号通貨と呼ばれるタイプの中では2017年現在ではビットコインに次ぐ流通量となっています。 そして相場に関しても特徴が見られ、概ねビットコインが低調な時にライトコインの価格相場が上昇するという関係性が見られます。これはビットコインと近しい性質を持っている事により、ビットコイン下落時の代替手段としてライトコインの保有を検討する人が多い為だと考えられます。代替需要としての傾向は今後更に強まると考えられており、ビットコインを補完する仮想通貨としての位置付けを確立して行くのでは無いかと考えられます。投資面でビットコインのリスクヘッジ先としても重宝される事が考えられ、ライトコインを特徴付ける大きな要素としてその成長が見込まれています。 現状ではライトコインの広がりは海外が中心となっており、日本から購入するには海外の取引所にアクセスして外国語の説明下で手続きを行う必要がありました。ですが2017年になって漸く日本語対応で購入可能な取引所が出て来ており、今後は日本でも投資・決済への利用が増加して来るものと考えられます。

仮想通貨で稼ぐのはまだ間に合う?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!ライン@登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。