目安時間:約 6 分

リップルとは

仮想通貨として注目されているリップルを紹介しましょう。 厳密にはリップルは通貨ではありません。 リップルと言う会社が運営している通貨交換システムのことです。

例えば、日本円を一度リップルのシステムに預けて、それをドルで引き出すことが可能です。 結果として円とドルとの差額分が通貨の差になります。 リップルそのもので売買ができるわけではありませんが、そこには通貨としての役割を持たせることが可能です。

一般的に仮想通貨と呼ぶ時には嘘の通貨と言うイメージが強いのですが、物理的な実態がないことと、一つ以上の国が発行している通貨ではないと言うだけのことです。 経済的な価値がないと言うわけではないことに注意しなければなりません。

これらのことがわかっている人はリップルのメリットを積極的に活用しています。 ただ、リップルがFXの対象となるかと言う点については、多くの疑問があります。 世界中の取引所が認めた通貨ではないからです。

投資目的でリップルを利用するのではなく、中間通貨としてはビジネス上のメリットは少なくありません。 現代でもアフリカなどの小さな国では自国通貨による安定的な取引ができないケースもあります。 それをカバーするためにリップルを利用するのです。

通貨ではなく一つの会社であるリップルを信用できるかどうかがポイントになるでしょう。 利用してみたいと思うならリップルについてしっかりと情報を収集することから始めなければなりません。

 

リップルの仕組み

 会社としてのリップル社は二つの通貨をスムーズに交換できるようにしたシステムを販売しています。 その内部で使用されている単位がリップルと呼ばれています。

インターネットなどで調べてみるとリップルコインと表現されている場合もありますが、ビットコインなどとは全く違います。 システム内部で使用されており、投資の対象と考えられているわけではないからです。

逆に投資対象として注目されることによって、通貨変換の業務に支障が出るケースが懸念されています。 一般的な通貨の仕組みを理解しているならわかるでしょうが、世界経済は各国の通貨の相場は常に変動しています。 その変動を利用して利益を得ているのが為替取引やFXと呼ばれる仕組みです。

しかし、リップルはその仕組みからわかるように、リップルのままでとどまっていることはシステムが停止した状態になることを意味しています。

一つの通貨から別の通貨へスムーズに変換されなければならないのです。 インターネットで多くの情報を入手することができる時代となり、FXなども経済に詳しくない人がゲーム感覚で投資しているケースも少なくありません。

そのため、リップルが注目されている側面も否定できません。 リップルは投資目的ではないため、システムの運用に支障が出る場合は外部での使用を禁止することも考えていると報じられています。

仮想通貨で稼ぐのはまだ間に合う?

リップルの取引

具体的な取引の方法を紹介しましょう。 例えば日本円をドルにする場合には証券取引所や銀行などで手続きをしなければなりません。

その際に手数料を払いますが、円とドルの交換比率の変化によって利益を得ることができるのです。 これをインターネット上で積極的に行っているのがFXと呼ばれる取引であることは良く知られているでしょう。

さて、リップルも同じような性質を持っていますが、取引を行うためには取り扱っている会社とその信頼性が重要なポイントになります。

つまり、誰も使わなかったり、運営会社が倒産したりしてしまえば、リップルの価値は急激に低下し無価値となるリスクがあります。 ただ、それはビットコインなどで同じですから、リップルだけの特徴と言うわけではありません。

 

リップルの購入

リップルが通貨であると言う考えを否定する意見もありますが、実際に仮想通貨として売買されています。 日本国内でもリップルの売買ができます。 取引所があるからです。 ただ、リップルは一つの会社で使われている単位ですから、その会社が倒産してしまえば通貨としての価値がなくなります。

もちろん、一般の通貨も同じですが、その可能性は大きく異なっているでしょう。 実際の取引所ではリップルの相場やチャートを見ることができます。 貨幣としての実体はないとしても、売買ができれば投資対象となることを意味しています。

世の中には潤沢な資金を持っており、何らかの投資対象を求めている人たちがいるのでしょう。 一般市民には理解できないことです。 ただ、リップルの取引は誰でも気軽にできるような表現がなされているため注意が必要です。 単なる貯金と投資の違いを理解して、そのリスクがどれくらいなのかを知らない人は投資に手を出すべきではありません。

FXなどで豊富な経験を持つ人がリップルの売買を検討しています。 相場があり、それなりに変動していれば投資の対象となるでしょう。

その実態があってもなくても同じことなのです。 もちろん、実体がない分だけリスクは高くなりますが、それを理解している人なら何の問題もありません。

リップルはリップル社のシステムで使用されている仲介通貨ですから、一般の市場に出回ることはありません。 それでも注目を集めているのは理由があるのでしょう。

投資家注目!仮想通貨が値下がり中

まとめ

ここ最近話題沸騰中の仮想通貨ですが、まだまだ分からないことがたくさんありそうです。

しかしながら、今一番注目すべきビジネスチャンスなのではないでしょうか。

今後も動向を詳しくチェックしていきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!ライン@登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。