目安時間:約 5 分

伸び続ける仮想通貨事業。

今やどの企業も参入するほどの巨大なマーケットです。

仮想通貨市場が発展していく中で、一躍流行った言葉として「億りびと」

みなさんも一度は聞いたことありますよね??

価値が低い時に購入してたすごく運がある方、もしくはビックビジネスを先読みできる方ですよね。

そんな「億りびと」について少し調べて見ます。

 

億りびとって?

そもそも、どんな人が億りびとってどんな人のことを言うのか?定義って?と思いませんか?

考えてみたけど、改まって考えてみると「仮想通貨で儲かって億稼いだ人」と解釈してましたが、どうでしょう?

調べてみたところ、億りびとは造語でトレードなどで”資産”が億単位になった方が呼ばれているそうです。

狙って億を稼いだか、ラッキーで億を稼いだかでかなりその後に差が出ているようです。

ビットコイン始めるなら、国内最大の取引所bitFlyer

コンフォートゾーンの罠

みなさんはコンフォートゾーンをご存知ですか?

コンフォートゾーンは、日本語でいうところで「安全領域」とか「快適領域」と訳されます。

そのコンフォートゾーンはビジネスの世界では、”コーチング”時によく使われる単語です。

人間は、いつしか知らぬ間に安心できる環境を好むようになります。

例えば、会社から内示で異動を命じられたとします。

「〇〇くん、来月から鳥取支社に転勤だから」

そんな内示を受けた際、「鳥取??えー、言ったことないし不安だな」

そんな気持ちになる。

これが、コンフォートゾーンから抜けた時です。

居心地がいいところから”強制的”に抜けたパターンです。

「本当は今の大阪支社の方が働きやすいのになぁ」と安心領域と好みます。

大阪支社での仕事は今までの経験から、何もかもが理解出来ている状態だから”安心”します。しかし、鳥取支社ではまだ行ったことがない地で尚且つ仕事の”経験”がないから不安になる。

これは、ビジネスだけではありません。

知らない間に今の生活に慣れている為、急に”宝くじが1億円当たっても踏み入れたことがない領域に入ってしまうと人は不安になるということと同じです。

「こんな大金、実際どう使ったらいいだろう・・・」

きっとそう思うと思います。

「とりあえず貯金だろ」

そう思う方もいらっしゃると思います。

どちらせよ、大金を入手した瞬間は不安でしょうがきっとすぐに慣れます。

これがコンフォートゾーンの移動です。経験をしたことによって、安心領域になってしまうのです。

そこが落とし穴。

1億円が手元にあることが安心領域になった方はそれが当たり前になりそのお金を使うようになります。

そうなってくると、もうおわかりのように”散財”してしまいます。

例に挙げた”宝くじ”は非課税対象なので、税金は取られないですが仮想通貨はどうでしょう?

仮想通貨アフィリエイトで報酬を得る為の3つの方法!!

仮想通貨で儲かった億りびとって実は大変?!

仮想通貨にはバッチリ税金がかかります。

冒頭に言った「狙って億を稼いだか、ラッキーで億を稼いだかでかなりその後に差が出ている」というのはここが問題です。

初めからコンフォートゾーンを移動している、あるいは移動することを計算して「億りびと」になった方は、1億円が手に入ることもその後の税金も使い道も先読みして行動している方が多いです。

しかし相反して、ラッキーで億を稼いだ方はコンフォートゾーンを移動させる準備をしていない為、はじめは不安でもその内それが当たり前になり”散財”してしまうケースも少なくないと聞きます。

これは性格の問題ではなく一種の現象です。

 

まとめ

今回は、「億りびと」の岐路について少し探ってみました。

実際に「億りびと」なった時のことを今からでもイメージしておくと、”散財”ではなく健全に運用していけるかもしれません。

仮想通貨はもちろん、トレードに関しても税金がかかることも念頭に置いて稼いでいく必要があるようです。

公式/仮想通貨取引ならzaif-業界最大級16種類の仮想通貨を取扱

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登録していただいた方には、期間限定特典として

「大吉が10万円稼いだ具体的な手法」

教えちゃいます!!

更に!!ライン@登録をして頂いた方には

私の師匠である億越えプレイヤーの動画セミナー

期間限定でご招待致します。

これはかなり貴重な特典になります!!

ぜひ、定員数が埋まる前にご登録を!!

※尚登録が一定数過ぎた場合は、締め切らせて頂きますのでご了承お願い致します。