目安時間:約 6 分

 

どうも、大吉です!

今日は、電子書籍で無料で読める「自由な人生を手にいれる教科書」を読んでみたので書評して

いきたいと思います。

この著者、濱田大輔さんはネット上では『だいぽん』というハンドルネームで活動されている

アフィリエイターです。

誰しもがこの業界では知らない人はいない有名な方ですね!

だいぽんって??どんな人??

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる

だいぽんさんのブログプロフィールから引用

1人で年商1億円!!すごい!!

「ネットの情報なので、確かではないが見る限りではすごそう!!」

 

自由な人生を手にいれる教科書の内容

■はじめに

■自由とは何か?
・身体的自由
・経済的自由
・時間的自由
・精神的自由

■時給を上げようとしてはいけない
■不労収入を確立する二つの方法
■インターネットによって身近になった起業
・起業はほとんどコストをかけないのが当たり前?
・圧倒的なレバレッジのかけやすさ

■なぜサラリーマンは馬車馬のように働いてもお金持ちになれないのか?
■商品開発・仕入れ不要のビジネス
■一発屋に自由は絶対に訪れない
■収入がゼロになるリスクをゼロにする
・収入の外部依存度を下げる
・収益源を分散する
・お金を稼ぐためのスキルを身につける

■思考があなたの人生を決定する
■自由とは捨てることから始まる
■他人が決めた「正しいこと」が正しいとは限らない
・常識は他人たちの思い込みに過ぎない

■汗をかいて働くことに意味はない
・社会に価値を提供する方法は様々
・なぜ1日4時間労働ではだめなのか?

■本当のリスクを見極める
・いまだに終身雇用、年功序列の幻想を捨てきれない人たち
・過半数の人が1回以上職を失っている現実
・会社の倒産やリストラだけがリスクではない
・あなたにとってのリスクとは?

■多様化してきた働き方
・ほのぼのゆるフワ系起業家

■幸福な自由人になるための思考
■最後に――自由の最大のメリット

 

上記が本です。皆さんお分りですか??

そう、著書には『ノウハウ』紹介がないんです。

だから、商材のような形でなくちゃんとした本として楽しめる内容だったことに正直

私は驚きました。

アフィリエイトなので、商材のようにランディングページがありそこから商品へ移行されるの

かと思っていたからです。

 

この「自由な人生を手にいれる教科書」をオススメできる人

 

  • ノウハウコレクターでない人
  • アフィリエイトに可能性を感じたい人
  • 今の生活に何か刺激が欲しい人

 

まさにこの3点の方には特にオススメしたいところです。

だいぽんさんの経歴からわかるように著者は大変貧しい生活して、そういった環境の中で

皿洗いのバイトをしながら、自由になるためにどうしたらいいのか?考えて今の現在の収入を得て

います。

どんな人でも、自由な生活になれるとおもわせてくれる良書だと思います。

しかし、勘違いはしないでください?読めばお金持ちになるなどということは一切ありません。

読めば分りますが、著者は『自動化で簡単に』とか『意図せずに』とか言ってますがその裏には

緻密に計算されていることがあるんです。だから、簡単には儲からないですし自由にもなれません。

しかしながら、その可能性やマインドの部分はかなり勉強になりますし知識として蓄えておくこと

とオススメします。

あなたも、『自由』について考えてみてはどうでしょう??

最後までご覧いただきありがとうございます。