目安時間:約 4 分

 

どうも!!

最近『大吉さんって、あれに似てますよね?ほら、あれっ!』

と言われたが『あれ』がわからず、モヤモヤしている大吉です( ´∀`)

↑の経験ってよくありませんか?笑

結局、あんまり似てないのがオチのやつです!!笑

そんな話は置いといて、今回は『メモの取り方について』お話します

メモ!?書くだけじゃないの??ほかに何かある??

そうです、実は書くだけなんですが書き方一つで全然違うんです!

動画で学ぶ時、セミナーで学ぶとき、様々です。

もちろん日常でも使えます!

重要なのは、メモを取るときに4つに分けて書くこと!

です。細かく説明していきますね♪

 

すぐやること

自分にとって、すぐやることを書く!

『あっ!これうまいなぁ、家に帰ったらやろう』とか

『この動画見終わったら、すぐに実践しよう!』というような

ことは、すぐやることリストに書く!

例『今はFacebook広告がいいよ!』

   『すぐやろう!!』みたいな案件です^ ^

 

後でやること

セミナーや動画内容を見て、『あっ、この内容は今の自分ではないな、成長してから

やろう!』というような内容を後でやろうリストに書く!

すぐやることリストと後でやろうリストを作るのはなぜか?

というとすぐやること、後でやることの区別をつけずに箇条書きで

書いていくとリスト自体の内容が増えれば増えるほど、何がなんだか

わからなくなりちんぷんかんぷんになります!

そこで、最低でもすぐやること後でやることの2つは抑えておきましょう!

 

自分で調べること

動画やセミナーで講師がサラッと『〇〇   △△』と言われて、

『んっ??何?何のこと??』ってなる時ありますよね??

上記のように、まったくわからない人となんとなーくはわかる人

と分かれると思います。

そういった場合で、なんとなくわかる人は『自分で調べる』といった

行動を選びましょう!

なので、自分で調べるリストをつくっておく!

自分で調べるには何時間もかかって手に負えない『質問すること

リストを作成してください。

 

質問すること

質問することに関しては、必ず『自分で調べる』ことから始める。

初めから聞けばいいと思うことに限って、調べればすぐわかること

だったりします。

なので、まずはGoogleなどで調べること!それでもわからないこと

は質問する!

セミナー等の場合はその場で質問したい場合は質問してください。

 

まとめ

『すぐやること』

『後でやること』

『自分で調べること』

『質問すること』

この4つに仕分けると、セミナーが終わった後、動画の勉強した後

頭が混乱していることが少なくなります。

わからないことやすぐやることが、終わった瞬間に明確になっているから、

メモの取り方であなたの結果が出る速さが変わる」となる訳です。

当たり前と思っているかもしれませんが基本や基礎は意外と忘れていることや

見落としてることが多いです。

ぜひ、皆さん『メモの取り方』を変えてみてはいかがでしょうか??

 

最後までご覧くださりありがとうございます。