目安時間:約 4 分

 

どうも、大吉です!

あなたは、本を読みますか??

 

『読まない!!』

『漫画ぐらいかな?』

『小説ぐらいは・・』

 

色々なご意見があると思います。

あなたがもし『読まない』という御意見だとしたら、この記事はきっと意味が

ないので見ない方がいいです。他の記事をご覧ください。

 

さて、少なからず何かしらの本を読む方が読み進めていただいてると思います。

 

本題に入ります!

皆さんは、本を読む時間ってどれくらいかかってますか??

もしその読む時間がより早く読めたら?

より情報収集に時間がかからなくなったら?

その余った時間でまた色々なことができると思いませんか?

それには簡単なコツがあるんです!

 

それは、『早く読もうと意識すること』なんです

 

要は、如何に自分に負荷をかけるか??という問題です。

詳しいやり方を説明していきます!

 

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるではありませんのご注意を

 

本を見つめる

 

本を見つめるって、当たり前だろ!!ふざけてるのか!!って思われました??

いえいえいいえ!実は結構大事なんです。

本を見つめるとはただ見るのではなく表紙裏表紙または帯を10秒間見つめる。

この本は自分にとって、何が手に入るのかをよく考えてください。

そして、必ず目次を見る!この作業をしないと全く分からなくなりますので

必ず行なってください!

目次まで読むと大体の本の情報が『前情報』として、頭にインプットします。

これが大事です!

 

早読み

 

前項の本を見つめる作業を行なった上で、早読みをしていきます。

やり方は、簡単です。軽く1ページずつ読んでいきます!

この時は、大体の流れを掴むために読むのでそこまで真剣に読みません。

『なるほど、何かこの辺が大事な部分だな!』

『ここが大詰めか』

などポイント理解のための『早読み』です。

この作業を本格的に本を読む前に大体、5分間ほどで行います。

 

本読み

 

大体の概要を把握した上で本格的に本を読んでいきます!

ここで大事なのは、時間を図るということです。

『この本は1時間で読めた』

『10分で読めた』

『1ページ○分で読めた』

など、自分自身で自分の読む時間を把握していくことがポイントです。

この作業を細かく分析することを積み重ねると自然と早く読めます!

早く読もうと意識するまたは努力する!

たったこれだけです!

意識が変わると、瞬く間に読むスピード頭に入ってくるスピードが加速します。

 

いらない情報は読まない

 

全部を読み進めて行こうとするのが普通かと思いますが

自分が得たい情報でない場合は、読まないか流すかのどちらかをしてください。

無理やり読むこと自体が時間の無駄です。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今からすぐ出来ることだと思います。実際、本を読む時に自分のペースで読む方

が大半だと思います。そこに『負荷』をかけ『意識」するだけで自分でもびっくり

するほどに加速します。

ぜひ、ダラダラ読んでしまう人はこの方法で”集中して”倍速で読んでみませんか?