目安時間:約 5 分

 

 

どうも!大吉です!

あなたは、この題名から何を想像しますか?

 

『成功者はやっているってなんだろう!?』

『一番簡単!?』

『そもそもアウトプットって?』

 

色々と思われると思います。

まずは、アウトプットについて見ていきましょう。

 

 

アウトプット

 

 

インプット、アウトプットはビジネス用語として定番になりました。
英語も簡単で意味もそのままですが、もう少し具体的に知っておきたい。
英語では「output」。

<アウトプットの意味>

これは、

「産出したもの(成果や実績)」

「外に出す」

という意味で使われます。

直訳すると、「out(外に)」、「put(置く)」です。
英語では「産出、出力」という意味になり、
「仕事はアウトプットが大事」という、カタカナ語的な使い方はあまりしません。

パソコンでは「出力」という意味でよく使います。
似た言葉として、「エクスポート(輸出)」がありますが、
こちらは変換して出力という意味で使われることが多い。

勉強は入力(インプット)。
勉強してその知識で成果や結果を出すのが出力(アウトプット)。
両方をバランスよくできてこそ、一人前だと思います。

プロセスか結果か、という話しにも近い。
「で、結局のアウトプットはどうなんだ?」と成果(結果)を求められるのが仕事。

なんだかんだで成果(結果)は一番大事です。
アウトプットを自慢できる仕事をしよう。

<アウトプットの使い方>

・この前の研修で学んだことをしっかりとアウトプットしていこう。

・インプット、アウトプットをしっかりとしていくことで企業は成長していく。

・日常的にアウトプットしていくことがおすすめです。

 引用:意味まとめ

上記の内容がざっくりと説明した『アウトプット』の概要

学んだことを出す(アウトプット)ことで自分のものにするということ!

そもそも、インプットは日々の生活の中で色々していることに気づいているだろうか??

 

例えば、WEB、TVで情報を『見る』

見た情報を頭の中で覚えている=インプット

 

好きなクラシック音楽を『聴く』

聴いた音楽のメロディを頭で覚えている=インプット

 

このように生活している中でインプットは無数に存在しているのにも関わらず、

私たちはそのインプットと比例して、『アウトプット』しているだろうか??

よく考えて欲しい。。

 

『なるほど!ここそうやって掃除するんだ〜!!』

『なるほど!そういった活用法があるんだ!』

『へぇ〜知らなかった!!』

 

上の言葉の続きとして、よくある言葉がこれじゃないでしょうか?

 

『今度、やってみよう!!』

『次の機会に絶対にしよう!』

『メモしとこうっと♪』

 

すぐに実行せずに、後回しにしてしまうことって普通に存在しませんか??

そう!お気づきかもしれませんが、インプットで満足するとやった気になって

意外とアウトプットしてないんです!

でも成功者たち違います!

必ずといっていいほど『すぐに』アプトプットを多くしています。

この『すぐに』と『後で』で、ものすごく差が生まれると思いませんか??

 

では、どうしたらいいのか??

 

そうです!すぐに実行する!これが大事!

 

まとめ

 

学んだこと、見たこと、聞いたことを『出す』=アプトプット

一番簡単なアウトプットは

 

今この記事の読み終わりにコメントを残すことです!』

 

このアウトプットが『後でやろう!』『今度の機会にやってみよう!』

と後回しにしてしまうことの第一段階を食い止める手助けになるかもしれません。

 

 

↓今すぐできる一番簡単にできるアウトプット法を試して見てください↓

 

最後までご覧くださりありがとうございます。