目安時間:約 9 分

 

リップル(Ripple)の特徴

インターネットを介し、物理的に存在しない貨幣の価値を取り引きするのが仮想通貨であり、昨今ますます注目度が高まっています。 種類も日増しに増加しているのですが、その中で時価総額が世界でもトップレベルであるのがリップルです。 数ある仮想通貨の中において突出した存在になれたのは、大手検索サイトを運営し世界で最も知名度が高いと言っても過言ではないGoogleが出資を決したことが関与しています。 実際に利用しているアクティブユーザーが多いのも特徴の一つであり、海外旅行に出かけた観光客は旅行先で用いて円滑に支払いを済ませています。 このように利用者が多いということは環境整備が一気に進むきっかけにもなるので、現在のように取り分けて普及しているのです。 そして、現時点では仮想通貨という認識で理解している方が多いものの、実は他社のようにユーザー同士が繋がってやり取りするというものではないので、正確には異なるものです。 つまり、金融商品を送金したり決済するシステムのことを指しており、従来のものとは似て非なるものであることから感度が高い方々は送金に纏わる時間を大幅に短縮化できたり、手数料が下げられることを見越し投資を行っています。 こうした仕組みが開発されたのは2004年のことであり、一人のカナダ人のエンジニアによって手がけられました。 仮想通貨の中にはローンチした方が明瞭になっていない事例もありますが、人材がはっきりとしている点が大きな差異点と言えます。 一連の流れや役割について把握した方は、誰もが異なる仕組み同士でやり取りすることは不可能ではないかという懸念を抱くのですが、それらの懸念材料を払拭するために備わっているのがXRPです。 XRPは単一的な通貨という立場ではないことから、法定通貨もしくは仮想のどちらにおいても自由自在に交換可能です。 しかも、システムを介して行われた取り引きというのは銀行口座を必要とせず取り引きに関する手数料も発生しないのです。 そういった点から運用に要するコストが大幅に下げられますし、取り引き時に巻き込まれかねないリスクに関しても回避可能です。 具体的なイメージとしては円からドルに両替する際などに一瞬でXRPに変換され、仮想通貨となって通過するといった様子です。 まるで橋渡しをしているようにも見受けられることから、XRPはブリッジ通貨という呼称で呼ばれることもあり大変順応性が高いです。

リップルとビットコインの違いとは?特徴は?

リップルの注目度と今後の動向

リップルの手数料は??キャンペーン適用?

イーサリアムクラシック(Ethereum classic)の特徴

仮想通貨のひとつであるイーサリアムクラシックは、世界的にもその知名度の高さで知られています。イーサリアムクラシックといえば元々はイーサリアムから派生したもので、誕生の経緯もイーサリアムと密接に絡みます。イーサリアムクラシック誕生を知るために、DAO事件は外せない要素です。DAO事件とは仮想通貨による投資を目的としたTHE DAOに端を発する事件となっており、THE DAOがハッキングされたことによって360万ETHが被害に遭いました。THE DAOの脆弱性を突いて行われたこの事件の衝撃は深く、イーサリアムもまた対策としてハードフォークという手法を用い、不正送金を解決しました。しかし一方でこの手法は運営が仮想通貨の価値を自由に操れてしまうのではないかという疑念も生み、結果として強い反発が巻き起こります。 DAO事件の余波としてハードフォークが行われ、イーサリアムの不正送金は解決へと導かれます。ハードフォークに反対する人々は新たなる仮想通貨としてイーサリアムクラシックを生みだしました。イーサリアムクラシックの大きな特徴は、従来のイーサリアムと比較してセキュリティ性が高く、ハードフォークをされないという点でしょう。イーサリアムから誕生したイーサリアムクラシックは、不正送金などの被害や混乱を未然に防止し、ハードフォークによる操作も行わない仮装通貨としての地位を築いて行きます。単位はETCとされ、高い時価総額を誇ります。 イーサリアムとイーサリアムクラシックは誕生の経緯からみても元を辿れば同一のものであり、基本的な機能などに大きな差異はありません。他の仮想通貨と比較して特徴的なのは、イーサリアムクラシックの誕生時、イーサリアムを持っていた人はイーサリアムクラシックをも同時に手に入れることができたという点です。これによって新しい通貨であるにも関わらず誕生した瞬間から多くの人が保有しているという事態になり、大手の取引所でも取引が行われることになりました。また、現在でもイーサリアムクラシックとイーサリアムは互いに影響し合い、価格の上下にも影響し合っています。そもそもは同一のものであり、セキュリティ面などの強化は行われたものの決定的な差異を持たない以上、イーサリアムクラシックは今後も派生元であるイーサリアムと影響し合う関係が続きます。日本国内での取り扱いはまだ少なく、これからの波及が待たれます。

仮想通貨 の種類とその特徴とは!?その2

リスク(Lisk)の特徴

仮想通貨と呼ばれる名称が急激に耳に入るようになったため、メジャーなものは軒並み取引額が上昇しておりバブルの様相になってきています。 市場が全体的に活気付いてきていることから、将来性を見越して現時点で入手しやすい比較的マイナーなタイプにも目が向けられるようになっており、少しずつ高騰してきています。 マイナーな中で特に選ばれているのがリスクというものであり、業界内で二番目の規模を誇るものと同一の属性です。 属性は同じであっても知名度とシェアが低いのですが、大きな団体でさえも有していない特徴がLSKには存在しており、それはサイドチェーンという仕組みです。 仮想通貨なので主となるのはブロックチェーンなのですが、その他にサイドチェーンを足すことによりプラットフォームにて何らかの不具合が生じてしまっても、開発者が正しく修正に向けたアプローチが行えるようになります。 実際に大手はプラットフォーム上にあるシステムがハッキング被害に遭ってしまい、システムそのものに悪影響が及んでしまったという苦い経験があります。 こうした課題に対処が行いやすいという強みがあり、できるだけ多くのエンジニアに携わってもらえるように開発に使う言語はジャバスクリプトが用いられています。 プログラミング言語も数多くありますが、ジャバスクリプトは最もプログラマーであれば使いこなせる方が多いのでLSKの開発にも難なく移行することができます。 携わるエンジニアの数が多いということは必然的に安定性が増し、より良いサービスの提供に繋がるということになるので長い目で見た時に信頼性が得られることになります。 そのため、2016年の5月からは大勢のユーザーを抱える取引所にて取り引きが実行できるようになり、公開してから3日間しか経過していないのにも関わらず、1単価あたり56円の評価を得たのです。 期待度が数値として表れた形になり、大きく話題になったのと同時に値が高まり始め、2017年の段階では上位の仮想通貨に追いつくほどの成長率を見せています。 この手の仮想通貨は投資した時よりも価値が高まり大きなリターンが得られる可能性があるものの、暴落したり仕組み自体が無くなってしまう恐れもあるので、利便性が高い反面不安視することが多いのですがLSKは将来について悲観する必要がありません。 その理由はコンピューター企業の最大手がパートナーシップを契約するほどであり、他にも巨大組織が手を組んでいるので安定感はお墨付きです。

仮想通貨 の種類とその特徴とは!?その3