目安時間:約 3 分

仮想通貨といえば、今年に入ってから各メディアでも取り上げられ、

何かと話題にワードですよね。

その実態は、現実に物質としては存在しない、データとして存在する

通貨のこと。

なぜ仮想通貨がホットなのかというと、世界中で価値が一律であるから。

通常の通貨では、為替によってその価値は変動しがちですが、

仮想通貨なら通貨をその国のものに換金する必要もなく

とても便利だと言われています。

 

実際に日本でも普及している

日本でも国を挙げて仮想通貨を採用する取り組みが増えている。

空港での支払いをBitcoinで行えるようになっている場所も既に存在するとか。

仮想通貨を国が後押ししているおかげで、仮想通貨のユーザーは

ここ1年で激増。仮想通貨は、需要と共有によってその価値が変動するため、

特にBitcoinは急激な価値の高騰が起こっている。

 

Bitcoinはうなぎのぼり

一番ユーザーが多く有名な仮想通貨は未だビットコインで、

その価値は今や80万円/bitcoinと成っている。

昨年の春は数万円だったことを考えると、20倍程度まで上がっており、

当時4万円程度で購入していたビットコインは今80万円となっている。

この価格高騰を利用して儲けようとしている人が多いのが仮想通貨市場の実体だ。

 

その他の通貨はどうなの??

ビットコインが仮想通貨の中では一強状態にあるのは確かだ。

しかし、今から仮想通貨市場で儲けを出そうとすると、

ビットコインは初期投資が莫大に必要なことと、リスクが高すぎることが

挙げられる。

価格が高騰している分、下がる幅も大きいと考えられるからだ。

そこでその他の仮想通貨を見てみると、NEOという仮想通貨が穴場ではないか

と私は考えている。

市場規模は2800億円で、中国のイーサリアム的な存在と言われている

NEOは、今年から来年にかけて伸びるのではないかと考える。

ビットコインがあれだけの価格高騰を見せたこともあり、価格が低い仮想通貨を

一気に少しずつ買っておくというのも、今後への投資としては十分ありなのでは

ないかと思う。