目安時間:約 5 分

 

どうも、大吉です!

タイトル見ました??そう!そのまんま!ブログのネタって切れますよね??笑

人気ブロガー養成講座読んで学んだことで書きましたが、ブログは定期更新して読者がついてくれるもの

と書きましたが!・・・どうしてもネタがないと書けない・・どうしよう!!!と焦る日々・・

そう、そんなときに何をするか?を紹介してみます。

 

スポンサーリンク





本を読む

本は、知識を身につけるにはちょうどいいものです。先人が体験したことが書き示されているので

自分が体験してなくても、その体験を本を読むことで経験になると思います。

ブログを始める前から、私は本の虫でよく色々な本を読んでいました。

自己啓発や投資の本、営業の本や、マネジメントまで様々です。

その一つ一つをもう一回、目を通して紹介してみたはいかがでしょう??

ただ、注意点があります!

それは、『内容だけを伝えること』です。この本はこういう内容です!だと、ただネットで調べれば

よくなってしまいます。なんの情報を言っているかわかりません。

なので、記事にするなら自分がその本によって何を学べたのか?何に気付かされたのか?

などの、自分フィルターをかけて記事にしましょう!

読者もその方が見ててなるほど!と思ってもらえます。

 

スポンサーリンク





ツールを使用してみる

次に使用するものは、ツールです。ツールと言っても、皆さん知ってるツールです!

例えば、ツィッター。つぶやきの中で何にハッシュタグがついているか?検索してみる!

そうすると何に世間が注目しているかわかります!ツィッターはまさに今現在のホットな話題ばかりですので

まだ記事になっていないものも多数存在します。早いもの勝ちもかもしれません!時間に余裕があり

検索してからすぐに記事にできる環境であれば、ネタ検索はツィッターがオススメです!

その次に、Googleトレンドなどです。今、ネット界隈で何がトレンドで調べられているかがわかる

ツールになります。

このツールも比較的に、『今』検索されている情報になりますので新しい情報が多いです。

Yahoo!ニュースなどのニュース系のツールも今の世の中の動きや、何に関心が向いているか?を

読みやすいので積極的に使用していきたいところです。

 

スポンサーリンク





悩みを掘り下げる

トレンドやニュースなどのネタの他に、訴求しやすいネタが転がっているところがあります。

それが、悩みを投稿している方を答えていく『Q&Aサイト』です。

代表的なところというと、Yahoo!知恵袋okwaveが有名なところですね。

使い方は至ってシンプルです。どんな悩みが多いのか?あるいは、自分のサイトのターゲット層の

悩みにフォーカスして検索すると、いろいろな悩みが出てきます。

私の場合は『サラリーマン』『副業』などです!

検索から出てきたキーワードで出た悩みを解決できる記事を作成してあげると、Q&Aサイトに

投げかけるほど悩んでることが解決できる記事なら同じ悩みの人もその記事を読む確率が高くなり

ます。ぜひ、ネタとして作ってあげてください!

 

まとめ

今回は、ネタ切れに関してやってみることについてほんの一部をご紹介しました。

まだまだたくさん、ネタを発見する術はありますし、普段からネタをストックしておけばネタ切れ

もしなくてもすむ話です。笑

私も、気になる記事を貯めてはいるのですが自分のフィルターを通す作業がどうしても滞ってしまい

アウトプットできていないのですが。。。

ブログあるあるでネタ切れは誰しもあるので、あんまり悩まずちゃんとした記事を書こうと気張らずに

投稿した方が逆にいいかもしれませんね!もしかしたら、悩まず投稿した内容にも『読んでよかった』

と思っていただける読者もいるかもしれません。

楽しく更新しましょうね♪

最後までご覧くださりありがとうございます。

 



スポンサーリンク


“ブログネタに困った!さぁ、どうする?” への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    ブログネタに困る時、あります!(笑)
    ネタに困り更新が滞る・・悪循環です((;´・ω・)
    悩まず、気軽に・・勇気づけられました。
    ありがとうございます。
    またブログにお邪魔して勉強させて頂きます。

    1. >tontonさん
      ご訪問ありがとうございます^_^
      更新が滞ると焦って逆に考えつかなくなりますよね?笑
      だから、私は焦らないでマイペース!と心に言い聞かせてます!笑
      また遊びにきてくださいね〜♫

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)