目安時間:約 6 分

ビットコインを入れておく財布がウォレットと呼ばれる入れ物です。 もちろん、物理的な入れ物ではなくパソコンなどにインストールしたアプリケーションです。

ウォレットの種類はデスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどがあります。

それぞれの名称からある程度想像がつくでしょうが、ウォレットのアプリがインストールされた媒体によって名前が付けられています。

つまり、仕組みは何も変わりません。 使い方も同じですから、厳密な意味では種類が違うとは言えないでしょう。

それぞれの作り方も簡単ですし、多くは日本語対応となっています。 ビットコインを取り扱うためにはウォレットが必須ですから、何らかの形でアプリをインストールしているのです。

若い人ならスマートフォンでしょうが、自宅でインターネットをしている人はパソコンでしょうか。

ウォレットを使う上で注意しなければならないのはセキュリティです。 また、それぞれのハードが壊れた時のためにデータのバックアップを取っておかなければなりません。

長期的な保存を考えるなら、ネットワークから切り離すこともできますが、現代においてオフラインのパソコンなど現実的ではないでしょう。

ビットコインがインターネット上に存在していることは間違いありませんから、ハッキングなどの被害から自分の財産を守る方法は自分で考えなければなりません。

困るのは自分だからです。

ビットコインって投資のリスクはある?

ビットコインのウォレットの手数料

ビットコインではウォレットと呼ばれる仕組みがあります。 これは口座や財布と思えばいいでしょう。

つまり、ビットコインを入れておくところですが、日本円をウォレットに入れる時には手数料が必要となります。 為替交換の手数料です。

もちろん、取引所によって手数料や交換比率が異なる場合もありますが、それらは必要経費と考えた方がいいでしょう。

安いルートを知っているなら、そこを積極的に使えばいいですし、知らなければ現状で便利だと思うところを利用すればいいのです。

ビットコインの手数料が無料だと言われても、それがどのような影響を与えるのか理解できないケースも少なくありません。

世界中で売買されているビットコインだからです。 FXなどの為替取引の経験を持っている人にとってはビットコインが特別なイメージはないでしょう。

また、初心者でビットコインを購入するにはリスクが伴っていることだけは理解しなければなりません。

インターネットにはたくさんの情報があふれていますが、その中から自分に必要な情報を拾い上げることは簡単ではなく、不要な情報に振り回されてしまうことの方が多いのです。 気軽にお小遣いを儲けることができるシステムなどないと考えるべきです。

その視点で見ればビットコインは特別なものではなく、一般の通貨と同じように見えてくることでしょう。

冷静に取引をすることで確実な利益を得ることができます。 ただ、世界の状況によって急激な変動となるリスクがあることはしっかりと理解しておきましょう。

 

ビットコインとコンビニ

コンビニでビットコインが購入できる時代となりました。 もちろん、そのための買い方はきちんと理解しておかなければなりませんが、売り方の逆と考えればいいでしょう。

ビットコインで投資を始めたいと思う人は少なくありませんし、ブログでは儲かる話ばかりが人気です。

当然ながらリスクがあることはわかっているとしても、レートの変動に冷静に対処できるかどうかはわかりません。

いろいろな手続きがコンビニで可能となりましたが、すべてができるわけではありませんし、そこで取引が完結するわけではないでしょう。

ビットコインが注目されているのは手軽に投資を始められるからではなく、これまでの為替取引にない魅力を感じるからでしょう。

その一つが手軽さです。 世界で共通のレートですから、口座を作れば日本にいてもいろいろな国の取引所にアクセスすることが可能となります。

また、インターネットから切り離してローカルのウォレットを構成することも可能ですが、便利さを考えるとあまり魅力的ではありません。

自分がどのような目的のためにビットコインを購入しようと考えているかを整理してみることをおすすめします。

ずっと投資のことばかりを考えていると、本来の目的からずれてくることもよくあるからです。

すでに利益を上げているなら安心して投資を続けられますが、損失が続いている人は不安が強くなっているはずです。

買い方や売り方を理解した、どのようなタイミングで売買をするかを考えることが大切です。

ビットコインの購入の仕方とは?レートは?