目安時間:約 6 分

 

どうも大吉です!上の画像は、見出しで紹介したMastdon(マストドン)のキャラクターのようです。

このMastdon(マストドン)は最近話題で登録件数が増えているとのことで潜入してみたいと思います!!

 

 

Mastdon(マストドン)って何?

 

ところで、Mastdon(マストドン)って何?とお思いの方がいると思いますので

公式のホームページMastdon(マストドン)に紹介されている文言を引用させていただきます。

 

Mastodon は自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。商用プラットフォームの代替となる分散型を採用し、あなたのやりとりが一つの会社によって独占されるのを防ぎます。信頼できるインスタンスを選択してください — どのインスタンスを選んでも、誰とでもやりとりすることができます。 だれでも自分の Mastodon インスタンスを作ることができ、シームレスにソーシャルネットワークに参加できます。

 

だそうです!・・・・意味わかります??笑

私にはさっぱり意味はわからないのですが、簡単に言うとTwitterみたいなものです。

誰でも登録することができて、Tweetのような「トゥート」という短文を投稿する形式です。

ちなみにこのMastdon(マストドン)という名前は、ヘヴィメタルバンド「マストドン」に

由来しているそうです。

 

他SNSとの違い

 

他のSNSはtwitterのようなサービスであれば利用者はアカウントを作成するだけで

サービスを利用できたが、 マストドンの場合、利用者はまず自分が所属するインスタンスを

決める必要がある。あるいは自分で使用するためのインスタンスを設置する事もできる。

このインスタンスとは、自分の趣味趣向のあった部屋という考え方が一番しっくりくる。

要は、掲示板のようなものと考えて欲しい!インスタンスを立てたユーザーが利用規約を設定し

アカウントの排除などを進めるといった内容。掲示板=サーバー単位になっていて、その連合こそが

Mastdon(マストドン)という仕組み。

では、なぜ開発者はTwitterのような大きなコミニュティにしなかったのか?

 

開発者ロッコの意図

開発者である、ドイツに住むEugen Rochko(オイゲン・ロッコ)氏はこう述べています。

 

「コミュニティが密接で小規模であるほど、その中で有害な振る舞いは隠蔽されにくい」

 

 

PC環境でも閲覧投稿はできますが、すでにアプリとしてダウンロードできるようになっています。

 

i phoneの場合

 

Amaroq for Mastodon

 

Androidの場合

 

Tusky

 

まだ、アップロードしたばかりなので動作自体は不安が残るようですが使用はできます。

 

まとめ

 

昨今、色々なSNSがある中でまた新たなSNSが登場しました。

おそらく、今後このSNSでさらなるビジネスモデルが生まれるとおもわれます。

2016年10月からサービス開始したばかりのMastdon(マストドン)に登録して、

時代の先取りをしましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!