目安時間:約 3 分

CSSって??

 

どうも、大吉です( ^ω^ )

今回は、まだまだ理解仕切れてないCSSについてお話しします。

おそらく一般的には、初聞きだと思われます。ちなみに、私はブログを開設した

ことにより始めて知りました。

 

ここでもう一つ出て来る言葉が『HTML』です。

HTMLはページの内容(コンテンツ)を記述するための共通言語です。

その共通言語を調整して、彩りを出すのがCSSの役目です。

 

>主な役割

・HTMLに含まれる個々のコンテンツの配置を制御する

・隣り合うコンテンツ同士の間の隙間の調整する

・フォントの種類やサイズを調整する

・コンテンツの背景に色や画像を指定する

 

基本的の書式と名称

引用元:できるネット

 

①セレクタ

セレクタはHTMLドキュメント内からルールの適用対象となる要素(タグ)を選び出す役割を果たします。セレクタには、タグ名を指定したり、id属性やclass属性を指定したり、様々な条件を設定することができます。その条件のことをパターンと呼びます。

②波括弧

セレクタに続けてプロパティと値を波括弧({ })で囲みます。波括弧で囲んだ部分は、スタイルを具体的に指定する「宣言ブロック」と呼ばれます。

③プロパティ

スタイルには、フォントサイズを指定するものから、ボックスの幅や高さを指定するものまで設定可能な項目がたくさん用意されています。設定可能な項目はプロパティと呼ばれています。宣言ブロックには設定したいプロパティを幾つでも記述することができます。

④コロン

プロパティと値の間は、コロン(:)を入力して区切ります。コロンは「=」を意味し、対象となる要素が「プロパティによって指定した値になる」ことがわかります。

⑤値

プロパティに設定したい値は、プロパティの後のコロンに続けて記述します。設定できる値はプロパティによって異なり、数値、文字列、特定のキーワードなどがあります。

⑥セミコロン
値を入力したらセミコロン(;)を入力します。スタイルの区切りを表します。

 

基本的な部分ですが、この情報だけでも頭に入れると初心者は少し違うかな?と

思ったので、記事におこしました。

実際のところは私も勉強中です笑

今後、何か描けそうなら載せていきます!

大吉の成長に乞うご期待!

 

最後までご覧くださいありがとうございます!

 

違うブログも見て見たい方はココ!!